Monday, December 2, 2013

INSEAD 受験に必要な英語力の証明について

14JのYoshi です。INSEAD 受験にあたって多くの人がもっとも苦労するであろう英語の試験について簡単にまとめたいと思います。

なお、このトピックに関してはこのブログでも過去に何度か取り上げているので以下のエントリもご参照ください。
http://insideinseadjp.blogspot.com/2011/12/test-score.html
http://insideinseadjp.blogspot.com/2010/06/gmat.html

INSEAD ではすべての授業が英語で提供されるにあたり、入学するには英語が Fluent でなければならないと定められています。
英語がFluent であると認められるには以下の3つの方法があります。

1. 母国語が英語であること。
2. 授業がすべて英語で提供される大学で学位を取得していること。
3. 英語の試験で規定以上の点数を取得すること。

なお、これらの基準は厳格であり、基準を満たしていない場合は交渉の余地はないものと思われます。
たとえば、アメリカに10年住んでいた、や交換留学でアメリカの大学で勉強した、だけでは不十分です。
このブログをご覧の多くの方は3. を選択することになると思いますが、INSEAD で英語力の証明として認められる試験は以下の5つです。

a. TOEFL iBT
b. PTE Academic
c. TOEIC (通常TOEIC と呼ばれるListening&Reading に加え、Speaking&Writingも受験の必要あり)
d. CPE (Certificate of Proficiency in English)
e. IELTS Academic

上記の通り、必ずしもTOEFL を受ける必要はありませんが、基準は少しずつアップデートされており
(例えばIELTS は Academic module でないといけない、TOEIC はSpeaking&Writingも受けないといけない、
という制限が近年加えられました。)、"穴"と呼べるものはないと思います。
どの英語の試験を受けるかは、受験しやすいか、何回も受験できるか、他の併願校でも使えるか、
試験のシステムや傾向が自分に合っているか、などが判断基準になると思います。
これらの判断基準について5つの試験のうち、TOEIC、TOEFL、IELTSについて簡単に表にまとめました。
各試験の最新情報については公式サイトをご参照いただくようお願いします。
また、INSEAD の Language policy についても変更の可能性がありますので公式ページ、
http://mba.insead.edu/admissions/languages.cfm
https://mba-aol.insead.edu/documents/languages/language_policy.pdf
をご確認いただくようお願いします。


試験 TOEIC TOEIC SW TOEFL iBT IELTS Academic
主催団体 ETS ETS ETS British Council
受験料 5565円 9975円 225ドル 24675円
試験の頻度 1年に約10回 1年に24回 1年に約40回 1年に約40回
受験制限 特になし 1日に実施される
午前と午後の回の
一方のみ受験可能
1度受けると
12日間
受けられない
特になし
申込期限 約40日前まで 約16日前まで 空いていれば
前日でも申込可能
空いていれば
35日前まで
試験を受けてから
結果発表までの日数
23日程度 23日程度 10日程度 13日
各セクション
の時間/満点
Listening 45分/495 60-90分/30 40分/9.0
Reading 75分/495 60-80分/30 60分/9.0
Writing - 60分/200 50分/30 60分/9.0
Speaking 20分/200 20分/30 11-14分/9.0
他のビジネススクール
で英語力の証明として
認められるか?
INSEAD, IESE などごく一部の学校
でのみ認められる
ほぼすべての学校
で認められる
多くの学校で認め
られるが、Whartonや
Kelloggなどでは
認められない
試験の形式 マークシート PC上でタイピング、
ヘッドセットで録音
PC上で選択肢を
クリック、タイピング、
ヘッドセットで録音
鉛筆で記入、
Speaking は
人間と面接
INSEADでの
足切りスコア
950 W170&S190 105 7.5