Saturday, March 28, 2015

INSEADの特徴 (4ヵ月目)

15DのCZです。

入学してあっという間に約4ヶ月が経ちました。自分自身を見ても、周りの学生達を見ても、良い意味で肩の力が抜けてきたと思います。

今日は、他のブログや記事などで書かれていることと重なることが多いかもしれませんが、CZの個人的感想として、これまでの4か月間で特に印象に残ったことを記したいと思います。

1. 二つの多様性
INSEADの代名詞ともなっている多様性ですが、INSEADには①多様な国籍や職業の異なる人が集まっている、というだけでなく、②学生自身に多文化経験がある、という二つの意味での多様性が存在しています。②について詳述すると、二重三重国籍は当たり前、全学生が複数の言語を話せる他、数か国での生活経験がある人が圧倒的Majorityであり、そのため、コスモポリタン的な独特の文化が出来ているように思います。

2. ドライブ
これはどのビジネススクールにも共通することかもしれませんが、向上心のある学生が非常に多いです。私のグループメイトだけ見ても、高校を中退後猛勉強してオックスフォード大学に入学したトルコ人とか、親の反対を押し切ってシンガポールの企業に就職した中国人とか、自分自身で道を拓く気概のある人が揃っています。

3. フレンドリーさ
多様性だらけのINSEADにおいてある意味多様性が無いと感じるのが、学生の社交性です。兎に角皆フレンドリーです。やり過ぎじゃないかと思うくらいフレンドリーです。ちなみに、好奇心旺盛、旅行好きといった気質も、学生に共通しているかもしれません。

4. Political correctness
先日クラスメート6人と食事していて盛り上がった話なのですが、INSEADには所謂政治的配慮というものが殆どありません。特定の民族・国籍・宗教・性別をネタにしたジョークや発言がクラス内外問わず飛び交います。この点、Political correctnessに厳しい米国で育った人は時々ヒヤヒヤするみたいです。とはいえ、INSEADのような環境でそういったことを気にしていたら誰も何も言えなくなってしまうので、あるべくしてある文化なのだと思います(笑)。

5. 学生と教授の関係
INSEADでは学生と教授が良くも悪くも対等に近い関係にあり、日本とチェコでしか教育を受けたことのない私にとってはとても新鮮です。学生たちは教授をファーストネームで呼び、割と気軽に話かけますし、教授側もそういう風土を楽しんでいるように見えます。一方、ある米国からきた教授が、INSEAD着任当初、無言で授業を途中退席しようとした学生に「失礼だ」と伝えたところ、「自分の授業はつまらないかもしれない、と考えたことはありますか」と言われて衝撃を受けた、というエピソードがあるなど、厳しい一面もあるようです。

総じて、良い意味で他校(特に米国校)との差別化ができている、独自の魅力を持つビジネススクールだと感じています。ご興味のある方は、是非キャンパスビジットにいらしてみて下さい。

また、最後にですが、受験生の方向けにCZの受験記のリンクを貼らせて頂きます。参考にして頂けましたら幸いです。
http://kousureba2014.blog.shinobi.jp/%E6%9C%AA%E9%81%B8%E6%8A%9E/cz%20-insead-

夏休みの計画

15DのKEです。

もう既にP2に入っていることが信じられません。フランスへ引っ越したのがつい昨日のように思えます!

INSEADの生活ではいつも何かがあります。今の時期はSeptember卒業のintakeのフルタイム、またはDecember卒業のintakeのサマーインターンの就職活動が本格化しています。
そして、一年を通して、INSEADが取りまとめて公開している全学生のCV Bookを通して、いろいろな企業から直接本人に連絡が入ってくる可能性もあります。

YAが書いた通り、January入学December卒業のintakeでは、2ヶ月のSummer breakがあります。
このbreakをどう使うかは自由です。
中国・インド・ロシアなどへのビジネストレック、友達との旅行、サマーインターン、起業等、予想通り多くの面白いオプションがあります。

P1 はIB(投資銀行)のサマーインターン採用活動、P2 はコンサルティングファームやその他企業のインターン採用活動。
P1、P2ともにキャンパスは色々な採用情報に係るプレゼンテーションや、卒業生とのコーヒーチャットで賑やかでした。

INSEAD入学を検討している方には、学校が始まる前にキャリア目的を明確にすることをお勧めします。
INSEADのMBAはインテンシブなプログラムなので、キャリア目的を前もって考慮しておくことで、プログラムを効率的に使える可能性が高まると思います。それはキャンパス・エクスチェンジにも影響するかもしれません。

INSEADへのキャンパスビジットをしたい方は是非insideinsead.jp@gmail.comまでご連絡下さい。
我々の経験をシェアし、活用してください。喜んでご相談に応じま~す。

更に、INSEADアドミッションズ・チームは“In-House Events”と言うOpen Days も催しています。
http://mba.insead.edu/events/in_house.cfm

Sunday, March 8, 2015

FT Global MBA ランキング 2015 & MBA to CEO ランキング



ちょっと遅いですが、
ファイナンシャル・タイムズ紙による世界MBAランキング2015にて、ランクを一つ上げて、INSEADが世界4位になりました。

1年制プログラムの中では世界トップの順位を維持しています。

詳細はこちらの記事原文にてご覧下さい。


また、FT500企業のCEOに占めるINSEAD MBAの人数ランキングも2位を維持しています。

詳細はこちらの記事原文にてご覧下さい。

September/January intakeの違い


15DのYAです。

P1(Period1, or 1学期)が終わり、学生は皆旅行に行ってますが(私も行ってました)、
今回は旅行ネタではなく、INSEADの二つの入学時期、September/January intakeを考えてみました。
ちなみにこの二つの呼称は、学内では卒業時期に合わせ、それぞれJおよびDと呼ばれます(June/Decemberの頭文字)。
私は2015年January入学、December卒業予定なので、15Dとなります。

INSEADの受験を考えている方にとって、どちらの入学時期を選ぶかの参考になれば幸いです。

まずは、公式HPにも書いてある情報から。
http://mba.insead.edu/faq/StructureandCurriculum.cfm
上記の通り、カリキュラム、コース内容、クラスサイズ、等に違いは全くありません。
コースの長さはSeptemberが10ヶ月、Januaryが12ヶ月ですが、これは両者の最大の違いでもある、
約2ヶ月間の夏休みの有無に起因するものです。この点については後述します。

・スケジュールの違い
ホームページよりも詳しく具体的なスケジュールを書くと以下のようになります。

15D(2015年1月入学)の例:
Orientation:       2015年1月5日〜10日
Period1:             2015年1月12日〜3月4日
Period2:             2015年3月9日〜4月28日
Period3:             2015年5月5日〜6月26日
Summer Break: 2015年6月27日〜8月23日
Period4:             2015年8月24日〜10月14日
Period5:             2015年10月21日〜12月9日

16J(2015年9月入学)の例:
Orientation:       2015年8月23日〜29日
Period1:             2015年8月31日〜10月21日
Period2:             2015年10月26日〜12月15日
Period3:             2016年1月11日〜3月1日
Period4:             2016年3月9日〜4月29日
Period5:             2016年5月9日〜6月29日

ちなみにOrientationの約2〜3週間前には、Business Foundationという、
基本的な知識の補強クラス(オプショナル)もあります。

・夏休みの有無について
1月入学の場合、夏休みがあるため、INSEAD生の約半分がサマーインターンを経験します。
これが入学時期による最大の違いです。
特に一部職種(IBD@投資銀行など)は、インターンを経ない限り採用されないため、
MBA後に志望する業界がインターンを必要としているかどうかは
事前に調べておく必要があります。

・キャンパスエクスチェンジ
HPにも記載がありますが、1月入学の場合、アブダビキャンパスへのエクスチェンジはできません。
一方、9月入学の場合、CEIBS (上海の大学)へのエクスチェンジはできません。
その他のエクスチェンジ(フォンテーヌブロー&シンガポールキャンパス、ウォートン、ケロッグ)は、入学時期に関わらず可能です。

以下は個人的な意見です。

・忙しさの時期
基本的にINSEADは短期集中型の大学ですが、その忙しさにも波があるかと思います。

1月入学の場合、サマーインターンがあるため、就職活動のタイミングが基本的に早く始まります。特にIBD(投資銀行)の東京オフィスやアジアのオフィスの多くは、
INSEADが始まる1月より前にインターンの採用を固めます。
またヨーロッパオフィスも主に1月からインターン採用活動を開始します。
その他の業界も3月からインターン採用活動を本格化するため、
クラスも忙しい(と言われる)、P1、P2に忙しさが集中することになります。
P3以降は忙しさが緩和されていくと思います(思いたい)。

一方、9月入学の場合はインターンがないため、
(業界等にも当然依りますが、) 就職活動とその準備は主に年明けから始まります。
INSEADで最もきついと言われるP2と就職活動が重ならないので、
忙しさがうまく分散されているかと思います。

・INSEAD入学難易度
完全に個人的な意見ですが、日本人が入学する難易度は、SeptemberよりJanuary intakeの方がほんの少しだけ低いのではないかと思います。
理由は、INSEAD 1月入学の受験タイミングだとUSビジネススクールと併願する受験生と志望時期が被らないから、というものです。
ただ、INSEADの場合、単願する受験生も多くアドミッションオフィスも違いは無い、と言っているので本当のところはよくわかりません。。。


つらつらと書いてきましたが、 お役に立てば幸いです。
もっと詳しく知りたい、という方は、是非、当ブログに記載のメールアドレスにご質問ください!

Sunday, March 1, 2015

第二外国語

15DのAMです。INSEADは1学期が2か月間のため、早いもので明日からもう第1学期 (P1)の期末試験です。毎週末、必ずクラスメートの誰かはフランス国内や国外に旅行に行っているのが日常ですが、この数日だけは(?) さすがに全員勉強モードです。

今回はINSEADのユニークな点の一つである、外国語についてご紹介したいと思います。

前回投稿の「15D在校生紹介」の表で記載させて頂いている「第二外国語」ですが、これは日本人的に言うと英語以外のもう一つの外国語、所謂「二外」で、INSEADでは “Third language” とか “Exit language” と呼んでいます。”Exit” という呼び名のとおり、二外を一つ選んでBasic levelをマスターしている事が卒業要件になっています。(出願時点では全く不要ですのでご安心ください!)

具体的にどのような仕組みになっているかというと大きく以下の2パターンに分かれます。

① 入学段階で、既にBasic level に達している事を証明して、入学後は何もしなくて良い。

証明方法は、(1) 入学までに、INSEADが指定する語学資格試験の基準レベルに自分で受験して合格するか、あるいは (2) 入学時点で、INSEADが提携している現地の語学学校のテスト(筆記+口頭面接)を受験して合格する、のいずれか。

② 入学後、現地の語学学校の授業を受けて(キャンパス内)、その期末試験に合格する。あるいは、卒業までに語学資格試験を自分で受験して合格する。

ただでさえ忙しいINSEAD生活、大半の人は入学後に勉強しなくて済むように①の方法を選択しているように思います。例えばフランス語の場合、DELFやTCFといった国際的に通用する資格試験(TOEFLのような試験)を日本で受験して入学前に基準のレベルを合格すればOKです(仏検は不可)。

自分も当然そのつもりだったのですが、仕事を辞めた後も入学まで旅行ばかりしていてほとんど勉強できず(爆)、②のパターンになり、ビギナーレベルとして第1~3学期(P1~P3) まで語学の授業を受けています。

入学前は誰しも恐怖に感じるこの語学ですが、実際のところはこれが原因で卒業できないというケースはほぼないようです(卒業までに語学が合格できなかった場合、「仮卒業」的な状況で卒業するという噂を聞いたのですが、詳細は不明です)。「授業に全く行かないで期末試験だけ受けたら落ちた」、みたいな事でなければ大丈夫だと思います。

週2コマの授業と試験勉強は確かに時間が取られるのですが、クラスメートと一緒に語学を勉強しているのは楽しいですし、自分の場合はフランスに住みながらフランス語を勉強しているということで、結果的にはこれはこれで良かったかなと思っています。ちなみにフランスについて良く言われることですが、キャンパスの外に出てしまうと本当に英語通じないです…

ちなみに、「二外の卒業要件はクリア済だけど、さらに別の語学を勉強したい!」という人は、現状では追加授業料なしでこの語学学校のキャンパス内授業に参加することが可能です。実際そういう人は一部いて、例えば私のクラスメートの中国人で、入学前にExit languageを日本語で合格しているけれどフランス語の授業に参加しているという人もいます(…頭が下がります)

INSEADの語学要件について正式な説明はこちらのリンクを参照ください。

International & Diversity をアイデンティティーにしているINSEADならではのこの二外要件、語学好きの方には素晴らしい環境と思いますし、語学嫌いの人にとっては面倒といえば面倒ですが、ポジティブに捉えて頂ければ幸いです!