Wednesday, April 29, 2015

INSEADの本


15DのAMです。今回は、INSEAD生活が旅行とパーティーだけじゃない事をご理解頂くために(笑)、アカデミック分野について少しご紹介したいと思います。

INSEADは、「ファイナンススクール」「○○スクール」といった特定分野に強い学校として認知されている訳ではないと思いますし、学校がそういう形のプロモーションを特にしているとも思いません。以前の当ブログ記事で、起業分野で非常に強いというトピックはご紹介させて頂きましたが、他の各コア分野でもしっかり一流の教授がいるなと感じています。

分かりやすい例として、INSEADの教授が書いた本をいくつかご紹介します。

1. The Risk Driven Business Model (2014)

ビジネスモデルイノベーション(BMI)は世間でも流行りのトピックの一つと思います。必修のオペレーションのクラスではこちらの本を教科書に、新しいビジネスモデルを作るためにどういったコンセプトがあるのかという議論に相当の時間が割かれ、個人的にはとても学びの大きい授業でした。著者の教授本人が受け持つ”Identifying New Business Opportunities”という選択科目も来学期にあり、受講する予定です。

2. The Culture Map (2014)

Organizational Behavior 分野の教授が書いた、グローバルビジネスにおいて文化の違いをどうマネージするかについての本。2学期連続の必修授業でOrganizational Behaviorのクラスがありますが、Diversityに最大の価値を置くINSEADだけにCulture (国・地域による違い、あるいはCorporate Cultureの違い)は必ず出てくるトピックの一つです。クラスの議論も盛り上がります。私自身まだ読めていないのですが、非常にINSEADらしい本だと思います。

3. Blue Ocean Strategy (2005)

言わずと知れた超ベストセラー本。今年で10周年ですが、昨年に増補版が出版されています。INSEADで書かれた本だけに、関連の選択科目があるだけでなく、必修のStrategyのクラスでも当然取り上げられます(笑)。著者のChan Kim教授はかなり多忙の方のようですが、毎年1回、フォンテーヌブローおよびシンガポールキャンパスそれぞれで全在校生向けの講演会が開催されています。

他にもファイナンス、マーケティングなどそれぞれ充実しています。INSEADの教授 & アカデミック分野に興味のある方はこちらをご覧ください。

Wednesday, April 15, 2015

ドラゴンウィーク

INSEADでは学生が主体となって、定期的に"National Week"というイベントを催しています。

Nationalと言ってはいますが、様々な国や地域の人々がorganizerに含まれており、それらを超えたある共通の「文化」を紹介するイベントの色合いが強いです。例えば前回は、ファッションウィーク(フランス・イタリア共催)でした。学校の広い食堂を夕方から貸し切り、ディナーを振る舞うと同時に様々なperformanceを行います。

今回は中国系学生が中心となって行った「ドラゴンウィーク」についてご紹介します。

ドラゴンと言いつつも実際は東アジア(日中韓)の文化を紹介するイベントに近かったです。中国系の学生がチャイナドレス(旗袍)や漢王朝時代の衣装等を着てダンス。それから突然Hiroが舞台に呼び出され浴衣の説明。白酒の試飲(?)。MCをつとめる学生が割と真面目に各出し物について説明を加えていきます。

終盤は韓国系の学生がギターを弾いて歌ったり踊ったり、大変盛り上がりました。江南スタイルがかかってから、食堂はほぼクラブ状態となり、花火を差したケーキが運び込まれ、当日誕生日だった人を祝い、、日付が変わる頃になると、ドラゴンを超越したパーティとなっていました。

さて、準備期間中に「そういえばマーシャルアーツできる人いなかったっけ」という中国系学生との話がきっかけで、多少武道をかじったことがあるCZとKJもドラゴンウィークでperformanceをすることとなりました。

「日本にドラゴン文化ないよね」と言いつつも、何だかんだ理由をつけて参加することについては納得、ショッピングセンターに道着を買いに行き、gymで練習を重ね、本番に備えました。この空手×合氣道の異種格闘技演武は好評だったようで、普段あまり話したことのない同級生からも「Nice Karate!」「Black belt!」と声をかけられたりしました。

イベント終了後、中国系の学生と午前まで東アジアの将来について熱く語り、本当に出て良かったなあという思いを胸に、白酒を飲みすぎてknock downした別の同級生を介抱するという、最後まで非常に濃い一日でした。。

さて、National Week開催のためには学内のelectionを通過する必要があるのですが、頭数があるとやはりチャンスが増しそうです。現状15D日本人は全体500人の1.2%とマイノリティーであり、ジャパンウィークを狙うにあたっては、もう少しいたらなあと思ったりします。


Monday, April 6, 2015

Section Representativeについて

15D のHS @Fontainebleau Campusです。

Period 1が終わりPeriod 2が半分ほど終わりました。
今回は、学校生活に大きく影響を持つSection Representative(Section Rep)についてご紹介します。

Period 1 & 2 @Fontyは、300人が75人×4クラスに分かれ、この75人で全ての基礎科目(Core Courses)をみっちり受けます。

このクラスでの経験を更に濃厚にするのが、 Section Repです。Section Repには、Academic Rep、Social Rep、Career Rep、IT Repと4種類の役職があります。
• Academic Rep (2人): 授業、チュートリアル(補講)、課題、テスト等のア勉強面でのサポート役。私のSectionでは、ミクロ経済学の先生に対する文句が多く、Academic RepがSection内でアンケートを取り、先生に対してフィードバックを実施しました。その結果、追加補講を実施する、プレゼンテーション資料を改善するなど大幅に授業が良くなりました。
• Social Rep(2人):INSEADでの様々な課外活動全般、および、楽しいこと全般の企画・推進役。毎年恒例のDASH(仮装して通学する日)、International Week(ご存知の通り)、Robin Hood Campaign(奨学金のファンドレイジング企画)、Summer Ball(フォンテーヌブロー城を貸し切って開催する華やかなパーティー)等に加えてSection別のイベントの企画・運営をやります。
• Career Rep(2人):就職活動のサポートを担当する役。情報発信やキャリアオフィスとの橋渡しが主な仕事。
• IT Rep(1人):授業中にIT面で困ったことがある場合、クラスでイベント実施等にIT面でのサポートが必要な場合に作業うを担当する役。(個人的には何故あるのか分かりません。。)

Rep選出は、Section内の投票で決まります。また、Repに選ばれることによって、Student Councilへの出馬権も得られます。各Repとしての活躍ぶりを拝見された上で、Student Council出馬後に投票してもらう形ですね。

学生生活を充実させる方法がたくさんありますが、私は一つの手段としてSocial Repをやりました。
メリットとデメリットがあったかと思っています。メリットは、思いっきりネットワークが広がったことです。同じ15Dに限らず、15Jでの顔が広くなったことでアカデミック面、リルーティング面で活用できるコネクションがたくさんできたように思います。
逆にデメリットは、とてつもなく忙しい(主観ですが、全Repの中で一番忙しいです)ことです。1年間のMBAですので、なんていったってスケジュールはパンパンです。授業や就活との両立をマネージすることが非常に大変ですが、優先順位を決める+マルチタスキングをする良い練習になりました。