25 June, 2019

INSEAD就職活動事情2019年 - コンサル

Introduction
19JFrederikです。前回記事も掲載した通りINSEADはやたらコンサルに強く、19Jの日本メンバーも半数程度がトップティアの戦略コンサルティングファームからオファーを獲得したので、今回は19Jのコンサル就活の様子についてお伝えします。

INSEADのリソースを有効活用しつつ、日本人同士でも切磋琢磨・協力し合うことで、多くのメンバーがオファーを手に入れることができたように、ポストMBAの選択肢としてコンサルをお考えの方にはINSEADはもってこいの場だと思います。

* 注意点
INSEADはキャリアの志向性も多様性に富んでいるので、コンサル以外にも多種多様なキャリアを歩む人が多数います。(19J日本メンバーでもコンサルなんぞ全くわき目もふらず、自分の道を突き進む人が多くいます) 
また、既にコンサルティングを経験している生徒が多いのもINSEADの特徴であり、世界各オフィスから派遣されてきたコンサルタントの中でも卒業後にコンサル以外の道を選ぶ人が一定数いますので、コンサル経験者にとってもINSEADはキャリアの可能性を広げる良い環境にあると思います。


Overview Schedule
金融を除く他業界に比べ、早い段階から就職準備が必要となります。
P4の直前からインタビュー対策を始めてオファーを獲得する人もいなくはないですが、多くの人はP3中から準備を始めます。



Key Activities
1)  Networking in Japan
各ファームがMBA壮行会として会社説明会とネットワーキングイベントを開催し、MBA合格の余韻に浸りつつ、美味しいご飯とシャンパンにありつけます。
要点はメモを取りつつ、ここで手に入れたパンフレットや名刺類はPDF化して渡航先へ持っていくことを個人的にはお勧めします。
ただ話を聞いているだけだといざカバーレターを書き始めた時などに何も思い出せないし(渡航後は時差などの影響もあり、東京オフィスの人複数名と気楽に話すことができる機会は貴重)、紙だと結構荷物がかさばります(INSEADはキャンパス移動をする人が多く、どれだけ身軽になれるかは大事な要素)

2)  コンサルティング道場結成
コンサルティング道場と銘打ち、コンサル志望者間で情報共有やモックインタビューを目的としたコミュニティを結成しました。
日本人の中にもコンサル経験者が例年何名か在籍しているので、彼/彼女達の教えを乞いながら、コンサル就職に向けた計画を立てます。

3) Interview対策
コンサルティングファームの面接では、(多くの場合はFIT面接に加えて)ケース面接が課されます。
具体的な内容には触れませんが、ファーム・オフィスに応じてケース面接のタイプや使用言語が異なり、アプライ先に応じて対策が必要です。

・コンサル志望の同級生同士
日本人間では、主に日本で販売されているケース面接対策本などを参考に、モックインタビューを日本語で実施しました。
非日本人間では、INSEADのコンサルティングクラブなどが作成しているケース面接集を利用して、モックインタビューを英語で実施しました。

INSEADのリソース
各ファームがオンキャンパスで行うケース面接ワークショップ、社費派遣のコンサルタントなどを通じて、インタビュー全般に対してアドバイスを得られます。

4) Application / Interview Process
主要なファームは、INSEADがコーディネートするスケジュールに則って、基本的にオンキャンパスで一括してアプリケーション受付・インタビューを行います。
なお、日本のオフィスは例外的に最初から日本のオフィスの人とインタビューを行うケースが多く、東京オフィスから人をキャンパスに派遣したり、ビデオ会議システムを利用したりして面接が行われます。
* インタビューのプロセスや傾向は毎年変わる可能性がある点にはご注意を


Case studies
19Jでは複数名がトップティアの戦略コンサルティングファームからオファーを獲得しました。
ここでは、その内の何名かからのコメントを参考までに掲載します。

1) 元日系メーカー / 海外営業
前職でメーカーにて海外事業拡大に携わりました。授業やグループワークを通じ戦略に更に興味が湧き卒業後のキャリアとして考えていたところ、コンサルファームよりオファーを頂くことができました。
INSEADにはコンサル志望者が多く、クラスメート同士でケース面接対策を行い切磋琢磨できたことが一番大きかったと思います。コンサル面接向けハンドブックやセミナーの実施などINSEADが提供するリソースも多く助けになりました。私はそれらを参考に、P3から本格的に準備を進めました。

2) 元外資系テック / 事業開発・営業
大学卒業後、外資系IT企業で製品の営業、事業開発を一貫して担当しておりました。入学当初はあまり興味が無かったものの、コンサルティングファーム出身の同級生の持っているスキルセット、その後のキャリアの広がりなどの面からアプライに至りました。
私は正直動き出しが遅かったのですが、P4の頭からコンサル志望の日本人とケース練習を始め、その後コンサルから社費派遣で来ている同級生にお願いをし、面接練習を繰り返しました。国籍に関わらず、同じ志を持ったクラスメートと切磋琢磨できたことが、最終的にオファーに繋がったと強く感じています。

3) 元日系メーカー / 事業企画・営業
そもそもコンサルに行くつもりでインシアードに入学。
インシアードはコンサルスクールといわれるだけあり、コンサル就活の体制はとても整ってることを下記から実感しました。
 ・オンキャンパスリクルーティングがとても充実してる。
→ほぼ全てのコンサルファームがインシアード向けに説明会/専用ポータル/面接を用意してるため、全く不便なくプロセスが進みます。
・準備教材がたくさんある。
→腐る程あります。
・練習できる友達が多くいる。
→腐る程います。

上記のお陰で無事希望していたファームからオファーを頂くことができましたので、本当に事業会社からコンサルへのキャリアチェンジを考えてる人にはいい学校なんだろうなーと感じております。


TIPS
- コンサル就活は準備に一定時間がかかるので、インテンシブなプログラムのINSEADでは準備期間をしっかり確保することが成功の鍵です。特に日本のオフィスはケースの形式が特殊なファームもあるので、早めに対策を始めた方が安全です

- どのファームにアプライするかだけでなく、どのオフィスにアプライするかが肝で、オファー獲得の難易度は現地オフィスの求人状況や自分のバックグランドに大きく影響されます。2019年は日本ではどのファームも求人需要が高く、他国オフィスに比べてオファーを得る人の割合は高かった一方、日本人がwork authorizationがない国のオフィスにアプライする際は難易度が高まることが予想されます

- 19Jの状況に鑑みると、フルタイムオファー獲得の難易度はインターンの有無によらないように感じます


何だかんだでPost-MBAの進路として根強い人気がある経営コンサルティングですが、MBB各ファームが「INSEADが最大の人材供給源である」とカンパニープレゼンテーションで謳っているように、MBAを通じてコンサルにトライしたい方にとってベストな環境がINSEADにはあると思います。

02 June, 2019

INSEAD就職活動事情2019年 - 全般

Introduction
19JFrederikです。キャリアチェンジをMBAの目標の1つに位置付けている方も多くいらっしゃると思いますので、今回はINSEADの最近の就活動向とともに、INSEADならではの就職事情についてご紹介します。

要点として、下記の4つINSEADの就職活動の特徴として挙げられると思います。
- 入学時期によって就職活動スケジュール・インターンの可否が決まる
- コンサルにやたら強い(日本人のコンサル就職状況については、別途ご紹介します)


- 就職先のロケーションは非常にグローバル
- 主体性を持って早期からキャリア・就職先を意識することが求められる


Recruiting Overview
1) Recruiting Schedule for Japanese
INSEADには9月入学のJ Class、1月入学のD Classがあり、各Classのプログラムスケジュールに応じて就職活動のスケジュール・インターンの参加可否などが決まります。
1年制プログラムのINSEAD MBAではインターンはできないと思われている方もいるかもしれませんが、D Classではしっかりインターンできます。

2) Employment Report (INSEAD Employment Statistics 2018 p.7, 11)*
* こちらのINSEAD WebsiteからDLできます

一番の特徴は、卒業直後には生徒の半数以上が経営コンサルタントとして働くことでしょう。
USスクールと(おそらく他のEUスクールとも)違って、生徒の半分以上が勤務する国を変えることも、INSEADならではだと思います。日本人でも日本外就職をする方はちらほらいる状況です。
 
3) Resources
就職活動にあたってはいくつかのリソースがあり、個人の状況に応じて使い分けをします。
- キャリアディベロップメントセンター
求人検索・Networkingに関しては、INSEADのキャリアセンターのポータルサイトで、求人やネットワーキングイベントの検索・応募ができます。年間通して様々な企業がプレゼンテーションやコーヒーチャットのためにキャンパスを訪れます。
書類添削インタビュー対策に関しては、INSEADからキャリアコーチがアサインされ、回数無制限でカウンセリングなどを受けることができます。キャリアコーチには当たりはずれもあるようですが、自分の場合はカバーレターの添削からインタビュー練習まで非常にお世話になりました。

- プロフェッショナルクラブ・キャリアトレック
特定のインダストリーやロケーションにフォーカスしたクラブや、学校または生徒が主体となって運営するトレックが多数あり、ネットワーキングや情報収集に重宝します。

- SNS
LinkedInを主に、SNSを通じて直接リクルーター・ヘッドハンターと連絡を取り合うことも多々あります。

- 友達
同級生が興味ある業界・企業で働いているケースも多く、声をかけるとみんな気軽にアドバイスをくれます。

- 転職エージェント
日本の事業会社をターゲットにする場合などは、日本の転職エージェントを用いる人もいます。

4) Major Industries
- コンサルティング
卒業生の3割程度がMBBで勤務することに象徴されるように、コンサルは非常に人気がある業界です。
理由は、①INSEADが各ファームと強い関係性を持っていること(オンキャンパスで一括してインタビューが実施される、ジムや会議室に各ファームの名前がついている、etc.)、②生徒母体がグローバルなので世界各国のオフィスで分散して採用されること、③世界各オフィスから派遣されてきたコンサルタントから手厚いインタビュー対策支援を得られること、(④「みんな受けるなら自分も受けてみよかな、、、」というピアプレッシャー)だと思います。

- ファイナンス
割合としては大きな業界ではありませんが、PE/VCなどに就職する層も一定数います。
なお、IBDなどインターンが必要となるような職を希望する場合には、入学時期を考慮する必要があります。

- 事業会社
テックやスタートアップの割合が多い印象です。
MBA向けリーダーシッププログラムなどがある企業以外は、個別対応で進めていくことが主のようです。

- アントレプレナーシップ
卒業直後の絶対数としては多くはありませんが、入学前に起業を経験している人などを含めた起業家コミュニティが存在しており、アントレプレナーシップも1つの選択肢として認識されています。
また、INSEAD卒業生の半分程度?はキャリアのどこかでアントレプレナーシップに関わると言われています。

5) Internship
- 概要
1月入学のD Classのみが対象で、選考方法は基本的にはフルタイムと似た内容・流れです。

- 実績  (INSEAD Employment Statistics 2018 p.31)
コンサルティング(22%)がフルタイム同様に最も人気ですが、それ以外の職種はPE/VC(12%)やE-commmerce/Internet(11%)などと多岐にわたっています。
インターン先のロケーション(EU 48%, APAC 34%, Africa/Middle East 7.5%など)もINSEADらしく多種多様です。

- 日本人の例
少し前の記事ですが、こちらをご参考ください。


Tips
- スケジューリング
希望する業界・職種に合わせて、主体的に動くことが大切です。
多くの企業はUS2年制MBAプログラムのスケジュールを念頭においていますし、特に日本での就職やスタートアップをターゲットにしている場合は、学校に合わせる必要なく、臨機応変に能動的に就職活動をするべきです。

- 早めの準備
INSEADは殺人的に忙しく、キャリアについてじっくりと時間をかけて考える余裕はあまりありません。
入学後間もなく就職活動が授業と並行して始まるので、早い段階(むしろ留学前)からキャリアの方向性を考えることが大事だと思います。

- キャンパスの場所
時差やオンキャンパスリクルーティングに来る企業のロケーションなどの関係で、就職活動を行うピリオドは、アジアターゲットの場合はシンガポールキャンパス、欧米ターゲットの場合はフランスキャンパスを選択することが主流です。

- ボストンキャリアフォーラム


興味のある特定の企業がある場合を除き、日本人の多くは参加しません。
参加しなくても特段不利にはならないと個人的には感じています。


INSEADで得られるキャリア関連のリソースやブランドは(卒業後も含めて)就職活動時に強さを発揮します。
キャリアディベロプメントにMBAの力点がある方にとっても、INSEAD MBAは非常におススメできるプログラムなのではないかと思います!