26 November, 2017

INSEADで最も勉強になったのは授業でもキャリアコーチングでもなかった…

ボンジュール皆さま、Eです。
あっという間にP2の半分が過ぎてしまいましたね。

本番に入る前にちょっぴと自慢します。P1の成績が先々週出ましたけど、思ったより結果が良くてグループで一番でした。「こんなリベラルアーツガールでもできるじゃん」と安心しました。リベラルアーツ出身の人たち、ぜひ出願して下さい。

さて、INSEADで最も勉強になってることについて話したいです。それは授業でもなんでもなく、グループワークです。

皆さまご存知かと思いますが、P1、P2はグループワークが多いです。学生たちは5~6人程度のグループに分かれてます。グループはダイバーシティを最重視して組んであるのでグループメイトたちはみんな国籍と出身業界が違います。P1の宿題の6割ぐらいはグループでやります。

すぐ仲良くなってさっさと宿題をこなすグループもあれば、喧嘩ばかりしてワークがうまくいかないグループもあります。私のグループはどちらかというと後者の方です。

グループのプライバシーもあるので詳細は話しませんが、私たちのグループには、たとえばこんな問題があります。

1. 時間の感覚の差 - 東京では「時間通りに着く」というのは少なくともミーティングの5分前に着くということですよね。でもここでは違います。いうまでもなく他の国籍の学生が同じように時間を守るわけではありません(笑)
2. プライオリティの差 - 学生のプライオリティーはみんな違います。例えば、社費で来てる学生はフェイルしなければ会社に戻れるのでクラスワークにあまり興味がない学生もいます。出来るだけいい成績をとりたい学生もいます。同級生との交流を最優先したい学生もいます。十人十色のプライオリティがあります。自分が優先したいことが必ずしもグループメイトたちが優先したいことと同じではないので、みんなのプライオリティのバランスをとる必要があります。時には妥協する必要もあります。
3. そうなんですが、中にはホントに訳わかんないよっていう人もいます!!- 連絡もせずにグループミーティングにこない人、来ても議論に参加しない、自己主張するだけで全く協力しない、なんていう学生もいます。こういう人もグループメイトの仲間ですから、一緒に取り組まなければいけません。

最初は、「なんでこういうグループになっちゃったんだよ~!!」と絶望してましたけど、
ようやく気づきました。
これって、ここでの勉強の一つなんだって。実社会ではこんなことはいくらでも起こります。
大変であるこそ、そこから学ぶところがあります。

そこで真剣に考えました。
どうすればもっと効率のいいグループにできるのか。どうすればみんながオンタイムに来てくれるようにできるのか。
この3ヶ月は、リーダーになるために最もいい訓練になっています。
こういうグループと一緒にグループワークが出来てたら、どこのグローバル企業のチームと一緒に仕事できると思う。

だから、もしあなたがピンとこないグループに入ったとしても、絶望しないで下さい。
あなたは順風満帆にいってるグループより色々学べるし、きっと成長することができると思います。

24 November, 2017

雑感:3ヶ月を振り返って

18JのYです。INSEAD、フォンテーヌブローの生活も早いもので3ヶ月が過ぎました。3ヶ月とは思えないほど濃密な授業、各種イベント、ソーシャライズする機会に恵まれています。出願プロセスや第1学期についてはすでに記事があるので、私からは非常に雑多で恐縮ですが、私がこの3ヶ月で感じたことを綴りたいと思います。一個人の見解ですが、こちらの雰囲気を少しでもお伝えできれば幸いです。

【学生のダイバーシティ】
期待した通り、あらゆる国籍やインダストリーの学生が集まっています。授業においても最も面白いのは、学習している内容について、「私のインダストリーでは。。」、「しかし私が以前起業した会社で問題だったのは。。」などと各自の経験を共有できるところだと思います。

P1, P2は5、6人のグループで全ての授業のグループワークを行いますが、私のグループは金融・ヘルスケア出身のドイツ人(男性)、金融出身のブラジル人(女性)、エンジニアのパキスタン人(男性)、弁護士の中国/オーストラリア人(女性)、コンサル出身のエジプト/イタリア人(男性)、エンジニア・企画出身の日本人(男性)と、非常にバランスの取れた構成です。各自が他にはない経験、強み、個性を持っていて、学ぶものが多いです。他のグループでは性格の強さもあり2、3ヶ月経つと衝突の起きるグループも見られますが、私のグループでは皆が互いをリスペクトし、仲を深めながらグループワークをこなしています。ちなみに一度グループディナーに行った際、時間通りにレストランに集合したのはドイツ人と日本人のみで、少し遅れてパキスタン人と中国人が、割と遅れてエジプト人が集まり、ブラジル人はドタキャンしたのには笑いました(もちろん、各自がステレオタイプでは語れない個性を持っています)。

【学生の年齢】
私は諸事情により36歳でMBA生活を送っていますが、得ているものは非常に大きく、INSEADに入学して正解だったと思っています。平均年齢は29歳ですが、感覚的には多くの学生が27−32歳程度のレンジに入るか思います。私と同じ年齢の学生は今のところ3人くらいしか会っていません。37歳以上には会ったことがありません。パーティーでも安いお酒やショットを飲んでいたりして、私も20代後半くらいで入学していればより楽しかっただろうなぁ。。とは良く思いますが、落ち着いた人間もいますので、年齢が高めで出願を検討の方々もご安心ください(?)。気の合う仲間は見つかります。同期は500人いますので。
ちなみに、出願において、年齢がマイナス要因になるとは特に感じませんでした。なぜ今MBAなのかについて、ストーリーがしっかりしていれば大丈夫だと思います。

【クラブ活動】
私は不真面目なので仕事関連のクラブはセミナー等に参加するのみで、今は一週間のうち1、2回ほどサッカー、バスケットボールクラブで活動しています。活動といっても決まった曜日にプレーしたい学生がキャンパス隣のグラウンドに集合し、ゲームをするだけですので、気軽な集まりです。また非公式ですがシガー&ウィスキークラブを発足させて、毎週人を集めています。個人的には趣味の合う人間と仲が良くなることが多いので、こういった活動を通してネットワークを築いていきたいと思っています。

【その他学校生活】
多忙と言われるP1, P2ですが、成績トップ10%のDean’s list入りを目指さないのであれば、学業とその他活動との両立は十分可能です。多くの学生は大抵6、7時にはグループワークを終わらせ、個人の予習や課題はそれぞれが時間を見つけて行い、夜は勉強、クラブ活動やパーティー等、各々が好きな事を行います。週末グループワークを行うことはあまりなく、多くの学生が旅行に出かけます。ヨーロッパはどこも近いので毎週末グループを作って各国へ飛行機、電車、車で出かけているのはヨーロッパのMBAならではなのではないでしょうか。もちろん、毎日50−100ページ程度の予習(+複数のoptional read)があり、週3−7程度の個人/グループ課題があるので、学業のみに時間を費やしても、十分忙しい時間が過ごせます。


基本的に毎日面白いことが起きており、全てに関わることは不可能なので、自分なりに優先順位をつけて取捨選択することになります。この1年を最大限楽しく実りのあるものにしようとエネルギッシュな生活を過ごしている学生が多いです。個人的には皆の課題、予習をこなす要領の良さ、効率の高さに驚かされます。例えばドイツの元アマチュアゴルフチャンピオンのグループメイトは、平日は時間を見つけてゴルフやテニス、ポーカー大会に参加し、週末はハウスパーティーを開いたりパートナーに会いにドイツへ戻ったりしながらも、二週間先の課題を誰よりも先に終えていたりと、そのバイタリティの高さに尊敬するばかりです。


あと7ヶ月のINSEAD生活、さらに貴重な経験ができるだろうと、ワクワクしています。またこちらで情報発信したいと思います。



INDEVOR(ソーシャルインパクトクラブ)主催のSocial Impact Weekにて行われたSAPのCEO、Bill McDermott氏の講演

11 November, 2017

女性とINSEADとキャリア

ABENOMICS is WOMENOMICS‼」
イヴァンカさんのお言葉は記憶に新しく、世界中でWomen祭りが繰り広げられていますが、実はINSEADも初の女性入学50年を記念し、
INSEADWomenとして大々的に盛り上がっています。

18Jのぽっきーはこれから(1)INSEADの女性像と(2)その女性のキャリアに関してお届けしようと思います。皆さんに学校データとはちょっと違う、ぽっきーの考察も含めお伝えするので、少々バイアスが掛かっているかもしれませんが、是非最後までお付き合いください。さて、今日は(1)に関してです。

07 November, 2017

フルタイムMBA出願プロセス(2017年版)

はじめまして。18JのSaunaがシンガポールよりお届けします。サウナが趣味なのですが、シンガポールは気候が温暖な事もあって、サウナ環境が充実しておりません。P3をアブダビ、P4をフォンテーヌブローで過ごすことになっているので、その時までサウナはお預けしようと思います。
そんなことはさておき(?)、本稿では多くのアプリカントの方にとって気になるであろう、出願プロセスの全体像やアドバイスをお伝えできればと思います。

04 November, 2017

P1のコア科目概観と授業の様子

 18JのZSDYです。まっきーが紹介したアントレ(11月4日付記事)といった任意の学習リソースとは反対に、履修が卒業要件であるP1科目(コア科目)について共有します。
 P1の全体的な様子は過去記事が既にあります(6月29日付記事ークラスの様子-P1,P2編、HOさん)。必修科目は、各MBA校でそれほど差がないとも言われる部分ですので、以下、各科目の内容と授業の雰囲気が分かるよう印象に残った場面を簡単にご紹介します(フォンテーヌブローキャンパス)。