11 May, 2018

シンガポールの幼稚園について

皆さん、こんにちは。18DのXZです。
P3に突入してから、少し時間的な余裕が出ているように感じます。その余裕が消えるまでにブログを更新したいと思います。


自己紹介にも述べましたが、私は4歳の子供を連れて入学しました。
働く女性の数も増えてきて、今後MBAママがどんどん出てくるではないかと考え、シンガポールの幼稚園について少し紹介したいと思います。皆さんのご参考になれば幸いです。


シンガポールは教育熱心の国として有名ですね。また、どこの保育所、幼稚園、学校でも英語と中国語のbilingual教育が行われます。
うちの子は4歳なので、その年齢の子供が入れるような施設について調査したため簡単に紹介します。


Option① Local幼稚園
日本の幼稚園とほぼ変わらなく、午後2時か3時までしか運営しません。教育熱心の国なので、一杯勉強させる幼稚園は非常に人気で、外国の子供が一時的に入学することは基本不可能です。


Option② Local保育型幼稚園チェイン(Pre-school)
単純な保育だけではなく、幼稚園みたいに豊富なcurriculumが用意されています。朝から英語授業、数学、中国語、漢字、とりあえず勉強が多いようです。運動などは割りと少なく、室外活動も少ない(そもそも建物の中に設置されることが多いので活動する場所があまりない)です。
代表的なスクールはMindchampsとLearning vision。どちらもchainなのでシンガポールのあちこちにあります。
朝7:30から夜7時まで子供を見てくれます。朝食、昼食及び午後のおやつが含まれます。園ごと費用が多少違いますが、大体月1200 SGD~1400SGDの範囲に入ります。
INSEADへ一番近いのはLearning vision (fusionopolis園)とMindchamps(Bouna Vista園)。


Option③ Montessori型保育/幼稚園
シンガポールの典型的な勉強方法を採用せず、montessori法を採用する施設です。夜遅くまで保育してもらう園は少ないが、調べてみたらいくつあります。ただやはり人気なので(なぜならシンガポールにいる外国の方は、このような勉強方法が好きらしいです)急遽入学させることは難しいです。
INSEADへ近いのはFarrer RoadにあるCheerylandですが、capacityが小さいため常に満員のようです。


Option④ その他
シンガポール式な教育でもなく、montessori式でもなく、とちらというと、独自な特徴を持ち小規模な保育/幼稚園です。勉強より子供を楽しく成長させるのが一番な目標であり、音楽、英語、中国語、体育などがか開設されますが数学はあまりないようです。なぜかこのタイプの園も外国人(特にwestern)において人気です。月1200SGD~


Option⑤ international school
とりあえず高いです(月2500SGD~)。私的には検討範囲外ですが、一つoptionではあります。


シンガポールは小さい国であり、交通も便利のため、必ずINSEADの周辺に住む必要はありません。子供連れの方において、子供にとって最も良い環境を選ぶのは自然ではないかと思います。
皆様の教育理念により、自分にぴったりな幼稚園を選べば幸いです。

08 May, 2018

Electiveの授業紹介② -P4編-

18Jのまっきーです。今回は私がP4(フォンテーヌブローキャンパス)で取った授業を紹介します。P3に引き続き、アントレ系、ファイナンス系、ソーシャルインパクト系の授業を中心に選択しました。

    Brand Management (Professor: Pierre Chandon)
マーケティングの応用授業で、特にブランディングについて、ケースディスカッションをメインに学びます。この授業で扱うケースはほぼ全てが担当の教授により執筆されており、ケースの背景などが深くわかることが特徴です。
MBAのブランディング、UniliverRenova(ポルトガルの紙会社)、Steinway(ピアノ)のケース、バイアグラのケースなど多岐にわたるケースを扱い、消費者の選好が変化する中ブランドを保つのが良いのか柔軟に変更していくべきなのか、B to Bの業界においてブランドは意味を持つのか、ブランドの水平展開/垂直展開はどのような時に有効なのか、シナジーはありうるのか、など様々な点について議論をしていきます。
評価は授業での発言の他、個人での事前提出課題、またグループでのCase Write-up(レポート)によって行われます。

    Social Entrepreneurship (Professor: Stephen J. Mezias)
その名の通り、ソーシャルアントレプレナーシップについて学ぶ授業です。実践形式が強く、初回の授業以外はソーシャルビジネス業界のスピーカーによる講演+ディスカッションという形式です。また、参加者はマイプロジェクトを設定して、教授と2回の個別打ち合わせをした後、自分のプロジェクトに関するレポートを提出します。私の場合は、「インバウンド観光客を対象にした日本の農家民泊プラットフォームの構築」という内容で、ジャパントリップの際に長野県飯田市への農家民泊をアレンジした経験を活かして書きました。

    Entrepreneurship in Action (Professor: Steve Haslett, Balagopal Vissa)
主に週末を使ったインテンシブな授業。シリーズAの資金調達を終えたスタートアップの経営陣として、マーケットが成長していく中、他社とどのように差別化して成長していくのかをシミュレーション形式で体験する授業です。4-5人のグループに分かれ、グループ対抗の形で進めていきます。私はCFOとして資金繰りや調達戦略を担当していたのですが、成長していく会社の中で資金繰りをモニターすることの重要性、キャッシュがないとRDもマーケティングもできないといった負のスパイラルに陥ってしまうことなどを身を持って学びました。しっかり準備をして臨んだ授業であり、期間中もエンゲージメントをしっかり持ってやっていたため、学ぶことの多かった授業だったと思います。

    Corporate Restructuring (Professor: Pekka Hietala, Peter Nathanial)
主にアメリカを中心とした企業再生の事例について学びます。最初にアメリカの倒産法制や再生計画、DES(Debt Equity Swap)、ヘアカット(債権放棄)などの基本について学んだあと、ケースに基づいた議論を行いました。すべてのケースについて債権者側の銀行団として交渉に携わった教授が来てくれたため、企業再生の現実がよくわかる大変面白い授業でした。

    Management Decision Making (Professor: Emre Soyer)
Gut feeling, sunk cost, ethical dilemma, confirmation bias, overconfidenceなど、意思決定の際に陥りやすい、わなについてトピック毎に議論します。毎回の授業後には、ジャーナルという形で、その回の授業で印象に残ったこと、今までの自分の経験の中で関連のあること、などを書く必要があるため、身近な例に引き付けて考えることが求められます。毎回参考文献や記事なども提示されるため、自分が興味を持った分野については深く掘り下げることが可能となっています。授業の形式はディスカッションがメインで、最後にはグループプロジェクトの発表が求められます。私たちのグループは「空腹が自信過剰(overconfidence)にもたらす影響」というテーマでアンケートを行い、その結果を発表しました。

    Strategic Cost Management & Control (Professor: Deigan Morris)
いわゆる管理会計についてケーススタディの形で学ぶ授業です。意思決定に関連して変化するコストであるRelevant Costの考え方、Activity Based CostingABC)などについて学びます。銀行のABCを行うケースなどもあり、銀行出身者としては興味深かったのですが、総じて授業内容はかなり基本的なものだったため、物足りない印象でした。

26 April, 2018

Electiveの授業紹介① -P3編-


こんにちは、18Jのまっきーです。今回はP3から始まるElectiveの授業をいくつか紹介したいと思います。大まかなP1-2P3-5の授業や学校生活の様子の違いについては、17JHOさんの投稿に詳しいのでこちらをご覧ください。


またP1のコア科目については以下の18JのZSDYの記事が詳しいです。
P1のコア科目概観と授業の様子

私がP3/P4に取得した科目は以下の通りです。主にEntrepreneurship系とFinance系メインに若干Marketingを混ぜたような形です。INSEADのElectiveは多様な分野にわたっており、皆取りたい授業が多くて選ぶのに苦労するほどです。学校のホームページからもElectiveが見られますので、INSEADにアプライされる方は一度見てみてください。

P3(以下の科目の他、コアが2科目あります)
Impact Investing
Strategy and Impact
Applied Corporate Finance
Market Driving Strategy
New Business Venture
The Art of Communication

P4(選択科目のみ)
Entrepreneurship In Action
Management Decision Making
Social Entrepreneurship
Corporate Restructuring
Brand Management
Strategic Cost Management & Control

今回はP3に取った選択科目についてご紹介します。

①Impact Investing/Strategy and Impact (Professor: Jasjit Singh)
その名の通り、Social Businessについて、その戦略やImpact Investingといった観点から学びます。授業はケースディスカッションをメインに進められ、Room to ReadなどのNPOからグラミン銀行等のマイクロファイナンス、グローバル企業のUniliverまでバランスよく取り上げられており、教授からもこの分野に対する情熱が感じられ非常に面白かったです。教授の執筆したCredit SwisseのImpact Investingのケースでは、実際にケース上の主人公にキャンパスまで来てもらい、当時の投資判断について話をしてもらった他、ランチを一緒にする機会も頂き、充実した授業でした。

②Applied Corporate Finance(Professor:Pierre Hillion / Massimo Massa)
P3で最も大変かつ充実した授業だったと思います。14回にわたる授業では、毎回1本のケースをこなしていきます。分野も多岐にわたり、LBO、Project Finance、M&A、IPOなどのケースを使って、会社のValuationを議論します。
毎回の授業は、その回の担当グループのケースプレゼンテーションから始まり、その後学生間でディスカッション、教授が講義をするという流れになります。一つ一つのケースが重厚なため、各回の授業の準備には5-10時間程度はかかり、この授業のために週3回程度ミーティングをしていた記憶があります。
ただ、Valuationについては実際に手を動かして作業をしないと身につかないので非常に良かったと思いますし、ほとんどの受講生は金融業界出身にも関わらず、教授の明快な説明には眼から鱗という人が多かったと思います。

③Market Driving Strategy (Professor: Ziv Carmon)
主に週末を利用して行われるインテンシブな授業で、assignされたチーム間での対抗戦という形で、マーケティングのシミュレーションゲームをやります。限られた時間の中で、大量のマーケットデータを分析しながら、自分のチームの戦略・ポジショニングを決定し、チームで意思決定をしていく、という意味ではただのマーケティングの授業というよりは、Strategy, Organizational Behaviorなども含めた総合演習の授業のようなイメージです。私は未だにスピーディな英語でのディスカッションには中々ついていけないので、準備の時間が少ないインテンシブな授業は苦手だなということを改めて感じたところですが、課題が明らかになったという意味で良かったと思います。

④New Business Venture (Professor: Virginia Cha)
スタートアップに関する授業です。14回の授業のうち、前半7回はベンチャーキャピタルとしてスタートアップのDDを行います。後半7回はスタートアップのアイデア作成とベンチャーキャピタルへのピッチを行います。
個人的には教授から学ぶことよりもクラスメイトから学ぶことが多かったように思います。授業のテーマもあってか、非常に活発な学生が集まっており、教授の説明に対して納得がいかないところがあれば掘り下げた質問をしたり、自らが立ち上げたスタートアップの話を共有したり、と活発な議論がありました。起業家のゲストスピーカーが来た時なども90分間質問が止まらず、凄い熱量でした。
我々のグループでは、体験型旅行コンテンツのオンラインプラットフォームの事業を提案したのですが、教授にAirbnbのExperience部門の方を紹介してもらい、ディスカッションできたのは非常に面白かったです。

⑤The Art of Communication (Professor: Stephen Knight)
土日を利用して行われるプレゼンテーションの授業です。一人一人にプレゼンテーションをする機会が与えられ、声量、動き、姿勢、目線、発音、などについて一つ一つフィードバックが得られるのは大変貴重な機会でした。また5人の小グループ内でも繰り返しプレゼンテーションを行い、ビデオに撮影して、全員でそれを見ながらフィードバックをし合う、といったことも行います。INSEADのクラスメイトは仲間に対するフィードバックに対して非常に積極的なので、とても学びのある授業でした。

さて、いかがでしたでしょうか?
総じて、INSEADのElectiveはとても授業の質が高いと思います。個人的にはFinanceのレベルの高さには驚かされます。ぜひ期待を膨らませていてください!


16 April, 2018

INSEAD Japan Trip 2018⑤~振り返ってみて~

18Jのまっきーです。今回はジャパントリップの総括として感じたことを簡単に書ければと思います。

①インバウンド観光地としての日本の高いポテンシャル
INSEADに来て日本の食や文化に対する関心の強さを感じる機会がとても多かったのですが、今回実際にはじめて日本に来る人たちを案内してみて、コンテンツの多さを実感しました。京都では寺社や茶道・着物・舞などの文化、有馬では温泉、飯田市では日常生活、東京では浅草や築地、サブカルチャーやVR(バーチャルリアリティ)のマリオカートを楽しんだりと、伝統から最先端技術に至るまで楽しめる日本に驚いていたようでした。

②一方でインバウンド客の立場に立った工夫は少ない
まずジャパントリップを企画するとどの学校でも大変なのがベジタリアンの学生の食事の用意ではないでしょうか。INSEADの学生も2割程度はベジタリアンの学生だと思いますが、日本はまだまだベジタリアン対応が少ないので、ビーガンやハラルの対応なども含めてぜひもっと柔軟に対応できるように拡大してほしいと思います。
また食事の量についても旅館やコース料理などでは多すぎると感じることが多かったように思います。これは僕も若干意外だったのですが、やはり海外で普段と異なる食事をするということもあってか、普段より小食になる人も多いように感じたので、より少量で様々な料理を楽しめるような工夫があると良いのではないかと思いました。
あとは飲食店の予約でしょうか。電話でしか予約できないお店が多いのは不便。インターネットで英語だけで予約ができる店が増えると良いと思います。人気店であればあるほど日本人だけでも店が埋まってしまう中で海外からの客まで対応しきれないというところはあると思いますが、長期的な投資と思って受け入れる店が増えてほしいものです。

③地域観光で更なるファンをつかむ
今回のジャパントリップの肝はなんといっても飯田市で農家民宿をしたことでした。「INSAEDの仲間たちに本当の日本を知ってもらいたい」という気持ちで企画した農家民宿。結果としては、課題も感じたものの、大きな可能性を確信できました。
日本の地域に「家族」を作る体験。旅が終わって1か月が経過した今でも多くの参加者がホストファミリーの名前を憶えているということには感動します。より多くの人にこのような体験が届けられるよう、多くの地域でインバウンド観光客に対応するための基盤が整うことに期待したいですし、個人としてもその手伝いをしていきたいと思っています。

飯田市の農家民宿について、今回参加した学生40名から得られたフィードバックからは、①文化の消費(例として伝統芸能鑑賞や食体験)に留まらず、実際に自ら体験し、地元の作り手と交流するコンテンツへの需要が高いこと、②こうした交流や即時の情報発信をさらに促すためにWiFiや翻訳アプリ等の導入・普及が戦略的に急務であること、③インバウンド観光客増加に際して、受入れ農家間でベストプラクティスを共有し、体験の質の高さを維持していく必要性などが提言されました。課題はありつつも、いずれも前向きな回答が多く、農閑期であってもインバウンド観光の軸として人を引きつける魅力があると実感させる内容でした。

今回のジャパントリップは私のINSEAD生活の中でも最も楽しい体験となりました(卒業までの間にこれを超える体験ができれば嬉しいですが)。普段リーダーシップを取る経験が少なかったため、なおさら多くの学生を取りまとめ、自国の魅力を伝えていく活動というのは本当に良い経験でした。今後のINSEAD日本人学生にもぜひ経験してもらればと思っています。

15 April, 2018

INSEAD Japan Trip 2018④~最終日・東京~

6日目最終日は東京ツアー。午前中はオプショナルツアーで築地ツアーとスカイツリー・浅草ツアーに分かれました。僕は築地ツアーを引率。まずは朝ごはんでお寿司。「寿司大」などの有名店はさすがに混んでいたので入れませんでしたが、やはり築地で食べるお寿司は美味しい。参加者も「今まで食べた中で一番おいしい」など、喜んでいました。

(写真は浅草・スカイツリーチームの写真)

















その後市場を見学して銀座に向かいました。この日のお昼もオプショナルランチ(鉄板焼き・寿司・天ぷら)だったのですが、私は寿司の人を連れて「銀座 久兵衛」へ。私は久兵衛に行くのは初めてだったのですが、リーズナブルな値段とおいしさ、海外の人に対する気配り・サービスに感動しました。昼食後は20名くらいの人が秋葉原に向かいメイドカフェを楽しみました。これだけ色々な国籍の人が集まって「萌え萌えキュン」と言いながらハートを作る姿は中々面白かったです。

夜は西麻布の「権八」でフェアウェルパーティを行いました。皆あっという間に終わってしまうJapan Tripを惜しみつつも、最高の思い出を作ろうということで会話が弾みました。参加者から幹事に対してメッセージをプレゼントしてもらうという予想外のイベントもあり、幹事としても非常に楽しかったです。