Monday, January 24, 2011

INSEADの授業設計

こんにちは。11JのCelipです。

よく、受験勉強をしていたときに、「INSEADの特徴ってなんだろう? 戦略?マーケティング?」ということを必死に考えていました。INSEADでの4ヶ月が終わった今、P1、P2のコアコースにおける授業設計やそれぞれの授業内容を振り返ると、そこから導きだせるINSEADの特徴の一面が見えてきたような気がします。

皆さん十分ご存知かと思いますが、P1は5.5科目、P2は6.5科目と、たったの4ヶ月の間に合計で12科目の基礎科目を受けなければなりません。国籍を問わず、大部分の生徒にとってそれは苦しい4ヶ月となるようです。しかも、教えている内容は基礎的なことですし、例えばINSEADの会計の授業を採ったからと言って、会計士に匹敵する程の知識を得られる訳ではありません。また、金融の授業により、全くの金融の初心者が投資銀行へ転職できるまでステップアップするのも相当難しいでしょう。

ではINSEADはこのような環境で、私たちに一体何を得てほしいと思っているのでしょう?

一つ言えるのは、「正しい知識を基に、健全な企業経営、および、競争力のある企業創造を担う人材になること」だと思っています。

世界中において、企業のスキャンダルの多くは財務関連の不正処理から来ていることをご存知でしょうか? INSEADの各授業には、そういった不正の仕組みを理解し、まっとうな倫理基準を以てそのような経営に手を染めない、事前に防ぐ、という基本理念が根付いているのです。例えば、Financial Accountingではどうやったら収益の水増しができるようになるかがわかります。Managerial Accountingでは、どういう風に管理会計と報酬を結びつけると、部門長たちが不正を働くようになるかがわかるようになります。また、Organizational Behaviourでは組織が人の行動にあたえる影響への学びを深め、Business Ethicsでは「間違ったことは間違っている」と言えるようになるための環境づくりへの示唆を得ることができます。

この理念は、electiveコースをとっている今でも、脈々と根付いているんだなあと感じることが多いです。例えば、M&Aの授業の中では、EPS (Earnings per Share)という一時的な評価指標が、どれだけ経営者の間違った判断に結びついているか、その結果、世の中の多くのM&Aが競争力を得られず失敗に終わっているかを学び取ることができます。また、M&Aは起業後の早期成長に関わる重要な手段ですが、Advanced Corporate Reportingという授業では、こうした指標に惑わされずにM&A後に健全な会計処理をすることの重要性をしつこいくらい教えられます。

INSEADは、多様性が特徴であるだけあって、米コロンビア大学や英ロンドンビジネススクールのように、際立って金融が強い、という特徴がある訳ではありません。実際にINSEADの生徒としていると、本当にふわっとした学校なんだなあと感じます。ところが、INSEADの卒業生の多くは、卒業後、何らかの形を通してEntrepreneurshipに関わるし、校内ではビジネスアイディアについての議論で白熱している場面によく出くわします。もちろん、他のビジネススクールと同様、企業経営に関わる卒業生だって多々います。

もちろん「正しい知識を基に、健全な企業経営、および、競争力のある企業創造を担う人材になること」はINSEADの特徴の一つであり、全てではありません。受講する授業が何なのかによって、何が自分の強みになるかは変わってきます。しかし、INSEADでの10ヶ月を通して得られることの中には、こうした要素が多々含まれるということを一つ覚えておくと、進学するビジネススクール選びに役立つのではないでしょうか。

Sunday, January 16, 2011

INSEADでのグループワークとは?

こんにちは。2011 July ClassのCelipです。

グループワークというと、みなさん、お仕事では当たり前に行っていますよね。その中では、使えないなーと思う人がいたりいなかったり、ボスとの相性が良かったり悪かったり等、いろいろな経験をされていると思います。

ここでは、INSEADのグループワークについてご紹介したいと思います。

INSEADのP1、P2では、コアコースと呼ばれる基本科目が4ヶ月間続きます。その中ではクラス分けがあって、同じクラスメートと4ヶ月間を共に過ごすのです。

INSEADでは、コアコースの中の数々の作業をグループメートとともに行わなければなりません。米シカゴ大学のように、最初から自分で授業を選び、グループメートも自分で選ぶ、というスタイルとは異なり、INSEADでは、性別、国籍、前職等がバランスよく配分されるよう、学校の方からグループ決めがされます。

私のチームは、というと、ウルグアイ人(女、金融営業)、ナイジェリア人(男、エンジニア)、フランス人(男、エンジニア)、オーストラリア(男、弁護士/コンサルタント)、そして日本人(女、コンサルタント)でした。

P1では割とスムーズだった関係が、P2ではだんだんとあれ?という感じになってきて、最後にはほとんど交流がない、という感じになってしまいました。いったい何が原因だったんでしょう?

INSEADというと、インターナショナル、多様という言葉がまさに代名詞になっていると思います。それは、アメリカの学校がいうそれとは大きく異なると思うのです。アメリカでは、町中では当たり前ですが英語です。また、国内で生まれ育ってきた学生が大半を占めます。そういった、多くの人が同じ言語、文化を共有する環境の中でのコミュニケーションと、INSEADのような世界中からやってくる生徒が集まるところでのコミュニケーション、全然「通じる度」が違うと思うのです。

まず、うちのグループの場合、フランス人の英語のなまりが激しく、かつ、弾丸トークをする。リーダーの役割を果たしたがっていたが、言っていることが皆に伝わらず残念ながら失敗。ウルグアイ人は、なるべく遊びに時間を裂きたいがためにグループワークの準備をしないが、とりあえず参加しているという態度を見せるために散発的に発言をする。ナイジェリア人は、やらなければならないことを整理できなくて、堂々と手ぶらでやってくる。オーストラリア人は、準備はしっかりしてくるが、そんなグループメートに嫌気がさし、人の言うことに耳を傾けない。私はというと、とりあえずまとめようと試みては見るものの、日本生まれの日本育ち、英語の多様なアクセントについていけず、こうした濃いキャラの人たちをまとめきることができない。

そのうち、対面でもメールでも、会話をする頻度が少なくなり、決定事がグループ全体で共有されることが少なくなってしまいました。

特にP2では、ものすごい宿題の量だったし、かつ、起業やイベントにいそしむ人たちがいたので、「いちいち全員で集まってられない!」という雰囲気になり、全てのグループワークは各メンバーで分担し、結局個人ワークを行う、ということになってしまいました。

クラスを見回してみると、私たちのように関係が希薄になってしまったグループは少なくありません。逆に、対立が深まりけんかばかりしているグループもよく見かけました。むしろ、「全てがうまくいった、グループメート大好き!」というグループはおそらく1、2グループしかなかったと思います。

それほど、多様な人たちで構成されるグループがまとまるというのは本当に難しいことであることを示していると思うのです。

よくMBA受験の準備をしていたときに、「多様な人種の人たちとともに作業をすることで、国際的な視野を広げたい。グループワークで広げられるはず!」と信じていたし、面接の時等もそのように話していました。しかし、本当はどうでしょう?? 国際的な視野は広がったのか? 私の場合は、グループワークという観点からは、必ずしもそうではありませんでした。広げるだけの材料はあったはずなのに、関係が希薄だったため、まずスタート地点に立てなかったからです。

もう一歩進めて考えてみると、それだけ多様すぎて最大公約数が小さかった。だからこそ、交流が難しかった、と解釈できる。最近では、それがこの4ヶ月で得られたテイクアウェイのように思えるのです。

INSEADの国際性、多様性は本物だと思います。しかし、多様だからこそ、関係は希薄にもなるし対立することだってある。それがどうやって自分の血となり肉となっていくかは、そこから何を学ぶか、につきるのではないでしょうか。多様なグループがまとまり、ハッピーに終わるというのも一つの成果。しかし、失敗してしまったからこそ考えを深めるというのも一つの成果と思うのです。

卒業後、どのような環境で働くことになるかは人それぞれ。しかし、INSEADを目指す人であれば、国際環境で働きたいと思っているはず。はっきり言って、同じ目的に向かって進み、リーダーのいる職場でのチームワークの方がずっと楽です。INSEADのような「バラバラな」人たちが集まる中でどう苦労していくか、これは卒業後の皆さんにとって、きっと役立つのではないでしょうか?

はじめまして!!

みなさまはじめまして! 2011 July ClassのCelipです。

2010年の9月に、INSEAD MBAの10ヶ月間プログラムのスタートを切ってから早4ヶ月! 最もインテンシブだったP1、P2が終わり、electiveのあるP3が始まりました。

2011 July Classでは、日本人学生の数は5人しかおらず非常に少ないのですが、性別、前職等を見るとそれなりにバラエティに富んだメンバーかと思います。簡単に自己紹介させていただきたく思います!

前職職種性別年齢3rd LanguageCampus(*)社費/私費同行家族海外経験
国内コンサルティングファームコンサルタント33フランス語FFFFF社費ありなし
外資系コンサルティングファームコンサルタント31フランス語FFSFF私費なし学生のときにザンビアでボランティア1ヶ月、前職在職中にアメリカで語学研修3ヶ月
外資系投資銀行日本株営業・商品開発(アソシエイト)27スペイン語FFFSS私費なし5~22歳までアメリカで生活、前職でロンドンにて3年間勤務
国内メーカー製品開発30フランス語FFFFF私費なし11-12歳ドイツで生活、大学時代1年間オーストラリア留学、1年間ベルギーにて赴任
金融アセットマネジメントファンドマネージャー、内部監査、セールスなど34中国語SSSSS私費なし4か月程度の米国長期出張、海外顧客対象のクライアント・サービス2年
(*Campusは、P1-P5までそれぞれどのキャンパスで過ごすかの予定。F=フランス、S=シンガポール)

今後、「私たちから見たINSEAD」についてどんどん投稿していきたいと思いますので、何卒よろしくお願いいたします!

Tuesday, January 4, 2011

ウェイトリストからも卒業

Class of Dec 10のHKです。12月末に卒業してしまったのですが、バタバタしてるうちに投稿しそびれていた件があるので主に受験者の方向けに書かせていただきます。
この一年間 、INSEADに出願してウェイトリストになった方から相談を受ける事が何度かありました。私見ではありますが、アドバイスさせていただいたことのポイントをまとめたいと思います。

・そもそも誰がどうやって繰り上がりの意思決定をしているのか?

在校生の立場からは正直分かりません。が、分かったとしても出願者の方と学校の両方に特別な関係を持っていない第三者が打てる手はほとんど無いように思います。

・対策の方法は?

追加の推薦状やエッセイなどに加えて、アドミッションにメールや電話でコンタクトすること、がありえます。

・何をどうアピールするか?

まずは要分析です。出願時点で色々と考えられたとは思いますが、今一度。インタビューを受けたのであれば、インタビュアにフィードバックを貰うことをお薦めします。インタビュアは実際に出願者の方に会って出願書類にも(少なくとも一部は)目を通していますし、フィードバックを貰うこと自体には何のリスクも無いはずです。

その上で、伝える内容として重要なのは、思いよりは事実を、過去よりは近未来を中心に据えることだと思います。なぜなら、当たり前ですが、ウェイトリストに載っているということ自体が出願者側からすれば合格をいまだに希望しているということ、学校側からすれば既に受取ったアプリケーションに基づいて殆どオファーを出す条件を満たすと判断していることに他ならないはずですので。

例えば、考えられる筋書きとして「他校に合格を貰っていてデポジットの振り込み期限が迫っておりXXくらいまでに結果を知りたいが可能か?ただし早めに結果をもらうために合格可能性が下がるようなら敢えて待ちます。」とか、「MBA留学を見据えて現在の勤務先から1年間の休職許可を得た。戻る義務は無く、自分のキャリアゴールにブレもないが、昨今の就職市場を踏まえた短期的なプランBとして手を打っている。」といったストーリがありえます。

勿論、具体的な内容や書き方については、個別の分析結果を反映するとともに、これまでのコミュニケーションとの整合を取る必要があります。

・注意点

必死さを表に出さないこと、合格を乞わないこと、ただし自信を持ってアピールすること等、あくまで対等の関係でのコミュニケーションを取るよう努めるべきです。

また、以上はあくまでINSEADでのケースを想定した内容です。INSEADは今や世界最大規模のビジネススクールでありながら、良くも悪くも色んな面で画一的な感じのない学校です。こと入学審査についても、ほとんど一年間を通して行っていることもあり(7月と8月のオペレーションは途切れがちのようですが)、個々に柔軟に対応している局面も多いはずです。実際に同級生の中にも、 12月下旬(1月入学の直前)にウェイトリストから繰り上がりのオファーをもらった人もいますし、9月入学の予定で合格したけれども出産・育児の関係で1月入学にずらしてもらった人もいます(その分を別の人で補充しているはずです)。個人的にも、出願書類のアップロードで問題が発生して個別にサポートしてもらったり、合否結果を早めに教えてもらえるよう掛け合って対応してもらったりしました。

・ちなみに

私自身はINSEADにはウェイトリストに載る事無く合格しましたが、その前の半年間くらいに別の学校6校からウェイトリストを食らって結局その全校で不合格になるという大きな声では言えない経験をしました。その際に各校の在校生やアラムナイの方々からいただいた励ましやアドバイス、不合格になった学校から貰ったフィードバックなどを糧にして、遅ればせながら学ぶことが多々ありました。また、出願者側と学校関係者側との彼我の差は埋めがたく、現在の視点から過去の経験や学びを手触り感込めてかつニュートラルに語る(語ってもらう)ことの困難さも改めて感じました。ただ、だからこそ、仮にウェイトリストになったような場合には(あるいはそうならないためにも)、相手側がどんな仕組みや考え方の上に行動しているのかを想像して、そんな相手の視点に限りなく近づいて自分の仮説を臆せずぶつけてみることが必要になると思っています。