Sunday, September 28, 2014

15J日本人学生のGMAT/英語能力証明テストのスコア


こんにちは。15JのMNです。

さて、ビジネススクールへの出願準備を考えていらっしゃる方には英語能力試験(TOEFL、IELTS等)やGMATの点数が気になる方も多いのではないでしょうか(私も苦労した人間の一人です)。そこで、15Jの点数をまとめてみましたのでご紹介します。

(1) 英語能力の証明

INSEADでは授業が英語で行われますので、英語を母国語とする人、または英語で授業が行われる大学で学位を取得した人以外は、英語力の証明を求められます。15Jの日本人8名のうち5名がIELTS又はTOEFLを受験して学校に点数を提出しています↓


語学力の証明については以下のリンクから詳細な情報を得ることができますので、参照ください。
○語学力証明について
http://mba.insead.edu/admissions/languages.cfm
○Language Policy (PDFファイル)
http://mba.insead.edu/admissions/languages.cfm

なお、2013年にキャンパスビジットをした際にTOEFLの点数について聞いてみたところ、TOEFLにつては105点(CBT)という足切り点数が厳格に運用されている(not negotiable)とのことでしたのでご注意ください。


(2) GMAT

15JのGMATスコアをグラフにしました↓ 例年、学生全体の平均点数は700点程です。GMATのスコアはそれ自体で合否を決めるものではなく、他の要素(学部の専攻、GPA、過去の職務内容、等)と合わせて判断材料にされると聞いたことがあります。また、Quantを極めて高得点を取得する戦略を取る方が多いと聞いたことがありますが、INSEADの場合はQuantとVerbalをバランスよくとっておくことも重要なようです("To be competitive, we advise candidates to aim for the 70-75th percentile in both sections."とのこと(The GMAT Challenge))。勉強の計画を立てる際に参考にしていただければと思います。



これからもTOEFLやGMATの情報で有益な情報があれば追加していきます。

15J在校生紹介(フォンテーヌブロー)

どうも、15J(フォンテーヌブロー)のTFです。
8月下旬に入学したと思ったら早1か月以上経過、目まぐるしくも非常に楽しく実りある日々。これから順次その魅力をお伝えしていければと思います。

Singy組に引き続きまして、Fonty組の15Jの自己紹介をさせて頂きます。
*Singy、FontyとはそれぞれSingapore, Fontainebleauを指すINSEAD内のJargon(専門用語)です。では、以下自己紹介です。

LH (31歳男性/半導体/私費/海外経験:日中米10年ずつ経験)
中国生まれ、10歳で日本に渡り、高校卒業後渡米し、大学を卒業後シリコンバレーでエンジニアのチームリードとして6年間働いた後MBAについて調べるうちに、国際化を推し進めるINSEADに惹かれて入学。課外活動経験は教育系ボランティアやレストランビジネスを試みたことがあります。

WO (31歳女性/製造・販売/私費/海外経験:米国5年)
中高5年間をアメリカで過ごした後、日本で文学部を卒業し、メーカーにて9年間国内外事業・人事・CSRに携わる。途上国におけるソーシャルビジネスの立ち上げを行ったことから、ソーシャルインパクトへのキャリアスイッチを目指すようになり、その準備としてソーシャル系のプログラムがあり1年制であるINSEADで学ぶことを決める。これまでのアジア偏重の経歴から、ヨーロッパの文化や思想を学び国際人としてのバランスを養うため、通年フランスで学ぶ予定。

MN (35歳男性/製造業/社費/海外経験:米国4年、ドイツ3か月)
北の大地で生まれ育ち、国立大学に入学。在学中に1年間休学し、米国にて発展途上国の青年雇用機会促進に関するプロジェクトでボランティア活動を行う。帰国して復学・卒業し、エンジニアとして日系企業に勤務。日米にて発電プラントの設計、プロジェクト管理を行う。米国勤務時代に日系企業のグローバル化の難しさに直面、international business managementの評判が高いINSEADにて学ぶことを決める。

SK (30歳女性/ファッション業界/私費/海外経験:英国4年、米国2年)
日本のアメリカンスクール卒業後、ロンドン、ニューヨークを渡り歩き、ファッション業界でマーケティングに携わる。新ブランド立ち上げ後、デザインとビジネスの交差点を探し求め、MBAを決意。高校と会社の先輩がINSEAD卒業生という偶然と、長年の夢だったフランスでの経験を積みたく、INSEADを受験。とにかく自分を毎日チャレンジできるINSEADのMBAを楽しんでいます!

TF (32歳男性/商社/私費/海外経験:英国5年、ブラジル2年) 
青森県のド田舎生まれ。最寄駅徒歩60分(冬場は80分、凍傷覚悟)、電車は1時間半に一本、終電19:00という環境で育つ。地元の友達みんな元ヤン、周りは山、川、田んぼ。そんな純ジャパ・ド田舎環境から何を思ったのか大学はロンドンへ。紆余曲折を経て総合商社へ入社、食糧担当として気が付いたらいつの間にかブラジルのド田舎の大豆畑へ。そこで得た経験から「南米のシステマティックな農業を日本でも展開できたら・・・」という飽く迄泥臭い発想から抜け切れないアントレ精神を携えINSEADへ。年末を境にFontyからSingyへSwitch予定。

以上が在校生紹介です。ご感想等お気軽にお寄せください。
これからCampus Lifeを中心にINSEADの魅力いろいろ発信していきます!宜しくお願いします。

15J在校生紹介(シンガポール)

はじめまして、15J(シンガポール)のUSです。

我々15Jのメンバーが今年9月に入学して早くも1ヶ月が経ちました。
目まぐるしく過ぎる日々に圧倒される毎日ですが、少し生活も落ち着いてきたところで、
これからブログで、INSEADの魅力を発信していきたいと思っていますので、よろしくお願いします。

まずは、シンガポールキャンパス3人から自己紹介です。

HH (29歳男性/外資投資銀行/私費/米国勤務経験1年)

日本生まれ、27年の純ドメ生活を慌ただしく過ごした後、ニューヨークで1年過ごしてあれこれ思う。元々MBA不要論者だったが、自分と背景を共にしない人達と働く経験を積みたいという考えが強くなり、多様性・協調性に重きを置くINSEADへの進学を決断。生き急いでいるので米系の2年制は長いなーと思っていたところ、10ヶ月でサクっと終わるところも魅力に感じました。シンガポールキャンパスの様子をお伝え出来ればと考えています!

UM (29歳男性/金融/社費/海外滞在経験なし)

金融関係機関でIT部門を中心に約7年勤務の後、経営の体系的な素養の習得や多様性のある環境に浸かることを目的にMBAを志し、社費留学生としてINSEADに入学しました。大学やこれまでの勤務はすべて日本で、海外の長期滞在は今回が初めてです。INSEADでは、ストラテジー・ファイナンス系科目に重点を置き、大半をシンガポールキャンパスで過ごす予定です。

US (30歳男性/広告/私費/海外滞在経験なし)

全世界から人が集まるINSEADに魅力を感じてやってきました。入ってみて、INSEADならではの多様性(Diversity)をひしひしと感じる毎日を過ごしているので、このブログを通じて少しでもその魅力を共有できればと思っています!