Tuesday, November 25, 2014

Social ImpactとINSEAD

15JのWOです。

キャンパスビジットにいらっしゃる皆さんとの会話を通じて、Social Impactに関心を持たれている方が多いことに気がついたので、今回はこのテーマについて書いてみたいと思います。

「ソーシャルビジネスを本業にする」ためにMBAを目指した私にとって、ビジネススクールを選ぶ基準は以下の3つでした。

1)ソーシャルビジネスに関するプログラムがある 
2)1年制である
3)途上国や非営利からの学生を含むクラス構成になっている

この条件で2013年5月に調べたところ、該当したのはOxford SaidとINSEADの2校のみでした。

学校ランキングに逆らい、Social Impactへの取り組みに歴史がありコースも豊富にあるSaidを当初の第一志望にしていましたが、卒業生や学校との交流を通じてINSEADへより魅力とフィットを感じ、受験の最終フェーズではINSEADに行きたい!と強く思うようになりました。

5学期制の内、Social Impactに関する講義は選択科目が始まる3学期からしかないためまだ受講した感想は述べられませんが、「Social Entrepreneurship」や「Business Sustainability Thinking」などが予定されています。その他、コア科目のケーススタディでもSocial enterpriseが題材に扱われたり、Social Impactを様々な形で目指す学生のクラブ INDEVORがキャンパスで最も活発なクラブの一つであったり、Social Impact 系の仕事を考える学生への就職支援が行われたりしています。つい先週はINDEVORが中心に推進したSocial Impact Weekがあり、映画上映、パネルディスカッション、ソーシャルエンタープライズからのゲストとの交流会、就職活動ワークショップなどが催されました。

また、これらの用意された講義やイベントだけでなく、手法やインパクトの方向性に違いはあれどビジネスを通じて社会へ貢献したいと考えているクラスメイトが多く、クラスメイトの発言やグループワークから学ぶことが多いMBAにおいて、このような環境は貴重であると感じています。そして、Socialであってもビジネスを応用する以上、通常のビジネスに必要なことはどれも欠かせません。特に大切だと思われるストラテジーやジェネラルマネジメントを、世界トップレベルといわれる学校で学べることもやはりINSEADの魅力です。

合格者、講義内容、就職支援などから見て、この方面で卒業生を輩出したいという学校の意志も感じられるため、Social Impactに関するバックグラウンドや将来の可能性がある場合は受験の際に積極的にアピールされるとよいと思います。

今後もブログを見てくださっている皆様のご関心に合わせた内容をアップしていきたいと思いますので、ご感想やご要望を右のアドレスまで是非お寄せください。(insideinsead.jp@gmail.com)

Sunday, November 16, 2014

INSEADを中から見ると@Singapore

15J HHです。シンガポール、雨期に突入しました。

書く話題が多過ぎて悩んでいたら投稿が遅くなってしまいましたが、
そろそろ筆を取ろうと思います。


目次
1. 10ヶ月という短さについて
2. スタディ・グループについて
3. 起業分野について
4. Why INSEADについて、受験される皆様へのご参考


1. 10ヶ月という短さについて

INSEADでは2ヶ月 × 5Periodsの合計10ヶ月でプログラムが構成されています。
米国MBAが2年掛けて取り組むところを、10ヶ月で片付けようとするので、
それはもうぎゅうぎゅうにカリキュラムが詰め込まれています。

個人的に2つ課外活動をしていて元々多忙なところに、
スタディ・グループでの宿題対応、ぽろっと飲み、がっつりパーティ等が混ざり込むので、
宿題以外の予習・復習は正直なところ回っていません。汗
むしろ、「選択と集中」の観点からは、全部やろうとしちゃいかんのだと理解しています。

自己紹介でも書きましたが、私は「生き急いでいるので米系の2年制は長いなー」と考えています。
腰を据えて勉学に励みたい!という方には慎重な判断が要求されるところだと思いますが、
他方で実社会で働く時は常に時間をどのように分配するか、物事に軽重を適切につけられるかが重要になるはずで、
そういう意味でもINSEADは良いトレーニングの場だと感じているところです。

「勉強中心のMBA生活にしたいのだけど、10ヶ月じゃ短いか?」という疑問を持たれる方もいらっしゃる事と思います。
その際は、insideinsead.jp@gmail.comまでご連絡下さい。
私以外の該当する在校生が懇切丁寧にご回答することと思います。笑


2. スタディ・グループについて

INSEADはシンガポールで3つ、フランスで4つの、合計7つのクラスに学生を振り分けた後、
各クラスの中で更に5-6人の小さいチーム、スタディ・グループへ振り分けます。

私の場合、コンサル出身の純アメリカ人、NPO出身のポルトガル人、エンジニアのインド人女性、
入国管理局関連業務出身のウクライナ人にIBD出身の私と、多様性と言えば聞こえの良い、
とてもごちゃごちゃなスタディ・グループに所属しています。

このスタディ・グループの素晴らしさは筆舌に尽くし難く、
たったの数ヶ月、恐らくINSEADの過密スケジュールのお陰で、
大学時代や職場で長い時間を共に過ごした友人たちと変わらない、
「一生もの親友」が出来たと言えば伝わるでしょうか、、、

取り敢えず卒業後、数年ごとに各人の故郷を巡ろう、という話をしているのですが、
ウクライナとか世界史とニュースの中でしか耳にしたことがないので、今からとても胸が熱いです!


3. 起業分野について

筆が遅いので次回に。笑
取り敢えず、EiR、とても良いです。

参考URL:
http://www.insead.edu/facultyresearch/centres/entrepreneurship/eir/



4. Why INSEADについて、受験される皆様へのご参考

公式ホームページに、学校側から”Top “10 reasons for choosing the INSEAD MBA”が紹介されてます。
エッセイ作成にあたって、大枠の考えをまとめる一助として参考になります。是非ご一読を。

参考URL:
http://mba.insead.edu/the-insead-mba/

これら10点について、入学前どう考えていたか、入学後どう思っているか、次回考えを整理したいと思います。

Monday, November 3, 2014

INSEADの起業風景

15J、シンガポールキャンパスのUSです。

なにやら遊びの話が続いているので、そろそろ真面目な話もということで、
少し前の話になりますが、P1の最後の方で参加したEntrepreneurship BootcampというINSEADの起業プログラムについて書きたいと思います。


なお、INSEADでは、Entrepreneurshipもかなりの注力分野。

このBootcampは、起業に少しでも興味ある生徒なら誰でも歓迎という、土日をフルに使った短期集中型のプログラムで、
金曜夜に、漠然とアイディアについて語りながら、チーム編成をするところから始まり、
土日は、レクチャー×グループワークの100本ノックの中で、ビジネスプランを練り、
日曜夕方には気づけば、本物の投資家に対してプレゼンをしている、というもの。

教授のPaul(※Fontyでは別の教授です)と助手のAshが取り仕切るレクチャーは、極めて実践的で示唆に富み、
それを受けての、チームメイトとのグループワークは非常にExcitingで、
ついでに、本番前にPaulとAshに絞られるプレゼン演習もとてもためになり、
たった2日間という短いプログラムですが、このためだけでもINSEADに来たかいがあった(!)
というくらい良い(と個人的には感じた)プログラムでした。

ちなみに、僕はフランス人のコンサルタントと組んで、日本の高齢者層をターゲットとしたアイディアでやり、
結果は・・・残念ながら優勝とまではいきませんでしたが、市場の捉え方は良かったからもっとニーズを深堀りすればいろいろと可能性があるよ、
と前向きなフィードバックをもらえ、それも勉強になりました。


そして、ウソみたいな話ですが、
このたった2日間のBootcampをきっかけとして起業する人もそれなりにいるようです。

僕の場合も、一緒にやったチームメイトと、ここで終わらせずに続きをやろうぜと議論していたり、
翌日、たまたま会った教授のPaulが、
卒業後はどうするんだ、日本でやるなら知り合いに紹介するぞ、みたいなことを言ってくれたりで、
(Paulは日本に住んでいたことがあり、日本についても詳しいです)
個人的にはまだ卒業直後に起業とまでは考えてないものの、
自分の意志次第で、こういうところからどんどん広がっていけるんだな、ということを感じています。


また、別の話ですが、INSEADは授業のElectivesにおけるEntreも実践的なものが多いようで、
授業を通じて少しずつ自分のアイディアを練りながら、卒業の時にはちょうど起業している、みたいなパターンもあるのではないかと。

というわけで、なんとなくでも起業に興味あって、それをMBAに求めている人には
INSEADは、それをRealに変えることができる環境があるということで、オススメ!という話でした。


それと、最初から本気で起業に取り組みたい人向けにも、INSEADにはそれ相応のプログラム・環境があり、
そちらは同期のHHが毎日忙しそうに何やらやっているので、もしかしたら彼がそのうち書いてくれるかもしれません。

それでは、また。