Friday, May 27, 2016

クラブについて

こんにちは! 16DのNKです。

コンサルでもファイナンスでもないキャリアを目指している私は、P3に入り、エレクティブでアントレやテック関係の授業が始まり、スタートアップでインターンシップをすることが決まり、やっとそれらしくなってきました。今日は、クラブ活動、特に私が参加するINSEAD Tech, Media and Telecom (TMT) Clubと、最近実施したParis Tech + Startup Trekについて簡単にご紹介したいと思います。

【クラブについて】
クラブは課外活動で、サークルみたいなものですが、大きく2種類に分かれます。就職担当のスタッフと協力しながら企業訪問やゲストスピーチ、ワークショップなどを主催するクラブ (Consulting Club、Investment Management Culb、Entrepreneurship Clubなど) と、純粋に楽しさを求めるクラブ (Wine ClubやFootball Clubなど) があります。ほとんどの学生が複数のクラブにサインアップしていると思いますが、各クラブ毎週必ず何か活動するというわけでもありません。

クラブ一覧:http://www.insead.edu/master-programmes/mba/student-life/clubs

【TMTクラブ】
TMTクラブは名前の通り、テクノロジー・メディア・テレコム業界に関心のある学生が参加します。16Jがリーダーシップと務めていたP1、P2では、Microsoftによるゲストスピーチやロンドントレック (Expedia、Uber、King.com、Vodafoneなどを訪問) が主催されました。就活においてよりネットワークが効いてくる業界なので、目指す人は入っておくと良いと思います。実際に、クラブでCVブックを作成し企業に配布するなどします。

【リーダーシップ】
P2に入ると、多くのクラブは世代交代のためリーダーシップチームを募集します。私は先述のロンドントレックに参加して、「これも何かの縁かな」ということで次のトレック (後述) の企画に参加しました。その流れでその仲間と一緒に応募をしたところ、選ばれました。Fontyで7名、Singyで6名のチームです。プロポーザルの中で、新しい試みとしてアジアトレック・ニューヨークメディアトレック・技術系ワークショップなどを提案しました。

【Paris Tech + Startup Trek】
私のリーダーシップの最初の仕事として、パリへのトレックを実施しました。準備には意外と時間と労力を要します。まず、MBA採用に関心がある受け入れ先企業を探すのですが、就職担当のスタッフやパリの卒業生にコンタクトや推奨する企業を聞くものの、特にスタートアップになかなか良いコネクションがなく、結局ほとんどLinkedInでコンタクトを探して訪問にこじつけるという営業のような活動をしました。

それから参加を希望する学生を募集します。気軽に行ける場所だけあって定員の倍以上の申し込みがあったのですが、選ばれなかった学生からの苦情対処など (INSEADと言えどもこういう人も中にはいるんだなあ、と) を経て、ようやく当日になりました。当日も、フランス恒例の電車のストライキがあって、朝のラッシュの中を車でパリに突入したり、訪問先企業の一つが最近引っ越ししたという罠に引っかかったりと、ちょっとしたハプニングもありつつ無事終了しました。

訪問先企業はどちらも快く受け入れてくださり、自社のテクノロジーに加え、創業時や顧客・パートナー企業とのやり取りなど、オリジナリティとリアリティに溢れるお話をしていただき、一日があっという間でした。スタートアップ関係はフルタイムに加えてインターンもまだ募集しているので、今後希望する学生とつながっていけばと思います。最後に、終わった後に卒業生も交えてバーで皆で飲んだビールが最高でした。

*パリは最近、ヨーロッパの中でも起業が盛んな都市になっているようです。

クラブ活動はINSEAD生活の中では一部分ですが、限られた時間の中で授業とはまた違った仲間 (学内に限らず) とのネットワークが広がるのでオススメです。テック、アントレ、SME (Small & Medium-sized Enterprises) 指向の私としてはトレックの自由に組み上げていくところも楽しく感じました。今後も関心のあるUXエリアやプロダクトデザイン分野でのワークショップや次のトレックなど実施し、またご報告できればと思います。