Thursday, June 29, 2017

クラスの様子 - P3,P4,P5編

再び、17JのHOです。前回はP1,P2の様子を書きましたが、今回はその続きでP3以降について。

P1,P2はすべて必修のcore coursesだったのに対して、P3はcoreとelectiveが1:2程度の比率になり、P4,P5はすべてelectiveになります。(カリキュラムのリニューアルにより、class of July 2018からはこれに加えてP5に必修のcapstoneがあります。)

そして、P3からはINSEADの大きな特徴であるキャンパス移動が始まります。P1,P2は4ヶ月間に渡って同じメンバーで過ごしましたが、P3からは二ヶ月ごとに人が移動して入れ替わります。慌ただしいです。P1,P2に4ヶ月かけて人間関係を構築してきたところで、P3が始まるとまた Nice to meet you です。

Electiveとキャンパス移動の影響により、P3以降のクラスの様子はP1,P2とは大きく異なるものになります。まず、P1,P2は毎日一緒に授業を受けるセクションが大きな基盤となりますが、P3以降はセクションがありません。厳密には、P3はまだcore coursesが2科目あるので新たにセクションが作られますが、たった2科目 x 2ヶ月のセクションなので、P1,P2ほどの一体感は生まれません。もはやP3が終わってしまえば、自分のP3のセクションを思い出せない人も多いです。Electiveが中心となり、コースごとに教室を移動して異なるメンバーで授業を受けるので、人間関係はP1,P2に比べると広く浅くなりがちです。ただ、coreよりもelectiveの方がクラスの人数が少ないので、コースによっては非常にアットホームな雰囲気で、coreとはまた違った一体感が生まれることもありました。

もともとスケジュールが変則的なINSEADですが、electiveが始まるとさらに変則的になります。mini electiveと呼ばれる、授業数が半分で単位も半分(0.5単位)というコースも数多くあり、場合によっては1,2週間程度で一気に始まって終わってしまいます。また、1単位のコースであっても週末に集中講義や演習をして、合計5日程度で終わってしまうものもあります。

Electiveではスタディグループも大きく変わります。P1,P2はすべてのコースに同じメンバーのグループで取り組みましたが、Electiveではコースごとに異なるグループに属することになります。また、core coursesのグループ分けが学校から割り振られたのに対して、electiveでは自分たちで適当な人数を集めてグループを組みます。みんな基本的に声をかけやすい仲の良い人と組む傾向があるため、ランダムに割り振られるcoreのグループに比べるとdiversityは低くなりがちかもしれません。例えば、全員Europeanのグループ、全員Chinese speakerのグループ、などよく見かけましたし、キャンパス移動が始まっても結局、Fonty starters同士、Singy starters同士のグループが多かったです。新たな友人を作る機会と捉えてあまり接点のなかった人とグループを組むのも一つの考えで、私自身もelectiveのグループをきっかけに知り合って親しくなった友人もいます。一方で、素直に話し合って効率的に課題をこなすためには、気の知れた仲間とグループを組むのは大事だなとも感じました。

Electiveのグループワークの難しさは何よりもまずスケジュール調整です。P1,P2のグループはメンバー全員同じ時間割でしたが、P3以降は個々人それぞれ時間割が異なるので、ミーティングしようにも本当に予定が合いません。とにかく分担して進めるしかありません。加えて、私が当初難しさを感じたのは、コースごとにメンバーが異なるため、give & takeがやりにくいことです。P1,P2はすべてのコースで同じグループだったので、例えば、「ファイナンスのassignmentは私たち二人でやるから、ストラテジーは残り三人でよろしく」といったことができたのですが、electiveだとコースごとにグループが違うので、そうはいきません。特にP3はなかなか調子がつかめせんでした。P4以降は一つのコース内でも分担しやすいものはどんどん分担したり、もともとやる気レベルの近い人とグループを組んだりして、うまく回せるようになりました。

成績評価もcoreとelectiveで大きく異なります。Electiveは基本的にexamがなく、assignment, class participationのみで決まります。また、coreは偏差値に基づく相対評価でしたが、electiveは絶対評価になり、スコアの付き方も大雑把になります。これにより、P3以降は成績を心配する人は激減します。ちゃんと出席してassignmentをやればまず落ちることはないですし。

キャンパス移動については、興味深いことに、P5が終わった今でも、Fonty starters同士、Singy starters同士で集まる傾向が強いです。やはりP1,P2の人間関係が核になるのだなと改めて感じています。もちろん交友関係はどんどん広がっていくのですが、starting campusが同じだと共通の友人が多いので集まりやすいのだと思います。

2回に渡って、P1,P2とP3,P4,P5のクラスの様子をお伝えしました。入学してからあっという間にP5まで終わってしまった気がしていましたが、こうして振り返ると、P1のfinal examなどは遠い過去の昔のようにも感じます。これからgraduation tripと卒業式に向かいますが、P1,P2は同じセクションで毎日会っていたのにP3 or P4以降は別々のキャンパスにいて半年間会っていない友人にもたくさん再会できそうで、とても楽しみです。

クラスの様子 - P1,P2編

17J (class of July 2017) のHOです。気づけば入学から10ヶ月以上が過ぎ、すべての授業が終わってしまいました。INSEAD MBAは正味10ヶ月のプログラムですが、2ヶ月ごとに5つのピリオドに分かれていて、P1,P2,P3,P4,P5と呼ばれています。P5まで終えてみると、各ピリオドごとにだいぶ様子が異なることがわかりました。特に、大きく分けるとP1-2とP3以降ではだいぶ雰囲気が変わります。今回の投稿ではまずP1,P2について説明します。

P1,P2は必修のcore coursesのみです。この期間の特徴は何と言っても、4ヶ月に渡って一緒に勉強するセクションとスタディグループの存在です。

INSEAD MBAは各intakeごとに約500人強が入学し、二つのキャンパスに分かれて、約300人がFonty、約200人がSingyでスタートします。それぞれFonty starters, Singy startersと呼んだりします。P1,P2の4ヶ月間はキャンパス移動はなく、入学したキャンパスでそのまま過ごします。

さらに、Fontyの約300人は4つのセクションに、Singyの約200人は3つのセクションに分かれます。各セクションはだいたい70-80人程度の規模になります。日本の学校におけるクラスと同じで、P1,P2は同じセクションの70-80人でずっと一緒に授業を受けます。

さらに、5,6人ずつスタディグループというものが作られ、グループ課題はこのグループで取り組みます。これは国籍が全員バラバラになるように学校側が振り分けます。一つのセクションでだいたい13,14グループできることになります。グループはP1,P2の間に変更はなく、4ヶ月間ずっと同じメンバーです。また、教室の座席も同じグループは近くに座るように座席表が指定されています。P1とP2の間に席替えがありますが、やはりグループは近くに座ります。

このように、P1,P2は毎日、同じ教室で、同じ座席で、同じメンバーと授業を受けることになり、中学・高校時代のようなイメージに近いです。毎日同じメンバーで授業を受けるので、同じセクションのクラスメイトは顔と名前は全員一致するようになりますし、話しかけやすく、仲良くなりやすいです。INSEADの友達作り・人間関係の基盤はP1,P2のセクションにあると言えます。P2の終わりはセクションの解散を意味し、P3以降は二つのキャンパスに散らばってしまうため、別れを惜しむ季節となります。

P1,P2はそれぞれ約6科目あり、ボリュームたっぷりです。原則として各コースは90分授業x14回となります。(class of Dec 2017までは原則16回でしたが、class of July 2018からカリキュラムがややリニューアルされ、コース数が増える代わりに単位あたりの授業回数が14回に減ります。)具体的なコース名や内容はINSEAD公式サイトやパンフレットをご確認ください。P1の方が定量的な科目が多く、数学が苦手な人は苦労しますが、数学は言語の壁を超えるので英語に苦手意識があってもやりやすいです。P2はどちらかと言うと定性的な科目が多くなります。また、もともと該当科目について十分理解している人であれば、一部の科目についてはexemption(免除)examに合格すれば免除されます。私の周りでも、会計、ファイナンス、経済学などはexemptしている人が少なからずいました。一方で、十分知識があっても敢えてexemptせずに全部受講する人もいました。

Core coursesの成績評価は主にfinal examで決まります。もちろん試験のみならず、group assignment、individual assignment、class participation(授業の出席回数・発言等)も含めて評価されますが、特に定量的な科目(統計、ミクロ経済学、ファイナンスなど)ではexamの比重が高くなります。一部の定性的な科目(ストラテジーなど)ではfinal examがない場合もありますが、例外的です。P1,P2ともにピリオド終盤は試験勉強に追われることになります。また、評価方法が相対評価であることも特徴です。実際の点数ではなく偏差値が成績になるイメージです。なので、簡単でみんな良い点数を取れてしまう試験で自分だけ全然できないと単位を落としかねない、ということになります。単位認定基準は寛容なので、単位を落とす人は滅多にいませんが。

次回はP3以降の授業の様子について、P1,P2とどのように違うのか、お伝えします。


Monday, June 26, 2017

17D在校生紹介

17DのKです。早くも入学して約半年が経過しプログラムも半分が終了してしまいました。
遅くなってしまいましたが恒例の在校生紹介です。

今年も多様なバックグラウンドをもつcandidateが日本から集まりました。INSEADのアドミッションや学校生活についてもし質問や相談があれば右記のメールアドレスまでお気軽にお問い合わせください。それでは短い期間ですがどうぞ宜しくお願いします。



名前前職職種性別同行家族キャンパス第二外国語海外経験
A投資銀行M&AMなしSSSFS韓国語米国1年・星国0.5年
D外資系金融トレーダーMありFFSFF日本語台湾籍・豪州育ち
K製造業営業MなしSSSSS北京語米国1年
M金融系営業企画FなしSSFFFイタリア語米国5年・学部カナダ
N弁護士事務所弁護士MありFFFSSフランス語米国1年
S医療系医師FなしSSSFS北京語米国勤務5年
Y通信系経理MなしFFFSS北京語ミャンマー数年

Thursday, April 6, 2017

卒業式、そしてP6の過ごし方

16DMTです。

卒業して早くも3ヵ月以上が経ちました。今更ですが最初で最後の投稿となります。INSEADでの1年間は、学業・パーティ・旅行・クラブ活動・就活イベントなど盛り沢山であっという間に過ぎてしまい、本当に夢を見ていたかのような気分です。

16Dの卒業式は、昨年1220日にシンガポールで、1221日にフランスで開催されました。卒業式の場所は、履修場所に関わらず自由に選べ、両方参加することも可能です。私は1年を通してフランスに滞在しましたが、卒業式はシンガポールを選びました。12月卒業の場合、シンガポール卒業の方が圧倒的に人数が多く、大規模な式典が催されるからです。また、卒業式前に大勢が参加する卒業旅行もアジアで開催されるので、シンガポールの方がアクセスが良いという理由もあります。(7月卒業はこの逆となります。) 16Dは、パートナー含めて400人超でタイのプーケットへ卒業旅行に行き、卒業式は初めてMarina Bay Sandsにて開催されました。日本人は8人全員がシンガポールでの卒業式に参加し、初めて全員が顔を揃えるという記念すべき日となりました。


Marina Bay Sandsの展望台で撮影したクラス写真です。その他、卒業式の模様は以下のサイトをご参照下さい。



さて、卒業してから就職するまでの期間をINSEAD生の間ではP6と呼んでいます。INSEADは5学期制なので、P1からP5までありますが、卒業後も旅行をしたり実家で過ごしたりと、引き続き学生気分で過ごす人が多いからです。もちろん、すぐに就職・職場復帰する人、就活を続ける人、はたまたインターンシップでP3を欠席した等の理由で本当に6学期目を受講する人もいますが、やはり束の間の自由な時間をエンジョイする人が多いようです。もはやP6を通り越してP7P8を楽しんでいるのではないか、、、というメンバーもいます。まぁ、一度就職してしまえば、またここまで自由な時間を取るのは難しいですからね。。

私も海外で就職となったので、ビザの申請期間を考慮して、3月から勤務開始ということで就職先と合意していました。実際はビザの申請がスムーズにいき、もっと早く勤務開始することもできたのですが、既にP6の予定はびっちり練っていたので、予定通り2カ月間のアジア旅行と帰省をエンジョイしました。その中でも、旧正月を中華系マレーシア人同級生の実家でお祝いしたことや、ルームメイトだったインド人同級生の超豪華な結婚式に参加したことは、一生の思い出となりました。やはり、様々な国に友人ができたということは、INSEADに来て一番良かったことです。3月からブラジルで勤務を開始しましたが、ここでもINSEADのネットワークに助けられています。

ということで、あっという間に過ぎたINSEADでの1年間。私にとっては、キャリアアップやスキルアップよりも、もっと広い意味で自分の人生を見つめ直す最良の機会となりました。キャリアや生き方は人それぞれであり、500人の同級生がいれば、500通りのキャリアと人生があります。一見すれば周囲が皆同じ方向に向いているようで、周りに流されて自分を見失いかけたこともありましたが、実際に話をすると人それぞれのバックグラウンドや思いがあることが分かりました。このように多種多様な人々と接し、様々な友人からサポートを受けて、私も自分の進みたい方向が少し見えたような気がしました。INSEADはそんな貴重な経験を与えてくれました。


昨今、FT誌のランキングで1位になったことや、BREXIT、トランプ政権の影響もあって、INSEADは私が受験した時よりはかなり競争率が上がっていると聞いております。ご興味がある方につきましては、心からご健闘をお祈り致します!

Friday, March 10, 2017

17J Japan trek

226日から34日頃まで17J日本人有志が中心となってJapan trekを行いました。
INSEADでは授業の一環として実施されるTrek(例:Discover Israel, Building Business in Silicon Valleyなど)と学生たちが自主的に実施する数々のTrekがあります。INSEADでは毎週末海外旅行している人も珍しくないですが、Japan trekのようにオーガナイザーがちゃんと企画しているものは珍しい部類に入るかと思います。
Japan trekでは日本人3人含めた10名強のクラスメートと共に、東京・京都・広島・有馬を駆け巡りました。国籍バラバラのクラスメートをまとめ上げる、毎晩の酒の暴飲には大変疲れました。しかし、最後には全員から感謝の言葉と日本に対していいイメージを持ってもらえたようなので、やり甲斐のあるTripとなりました。以下に、17J KYKFによるJAPAN TRIPレポートを掲載します。

[準備]
まずは準備です。最初に旅程を考えます。過去のTripの内容や他校の活動を参考にしながら、如何に日本を楽しんでもらえるかを念頭に旅程を組みました。また、多国籍のメンバーが全員時間通りに動くとも限らないので時間に余裕を持つよう気をつけました。それを持って、実際のTRIPの2−3ヶ月前に全体に向けアナウンスを行い、参加を募集。最終的には10名ほどの参加となりました。参加を募る間も、新幹線のパス取得やホテル・食事処の予約等、日本人3人で手分けしながら準備を進めました。

[参加者]
参加者は日本人3名以外に海外の方々8名(途中出入りあり)が参加してくれました。他のSchoolJapan trekと比べて参加者が少ないですが、INSEAD生は日本に来たことがある人も多く、わざわざ今回参加しなくても良いと思った人が多かったのかもしれません。また、1年制のプログラムなので他の行事と重ならざるを得なかったのも原因の一つでした。今回は学校が主催するTrekやDubai career forumの参加者は残念ながらJapan trekに参加することができませんでした。参加者の国籍ですが、2重国籍の方の分を2つともカウントすると、ブラジル、コスタリカ、スペイン、ポルトガル、アメリカ、デンマーク、スイスとなりました。日本から遠い国々からの参加者が多かったのは、卒業後だと来られるチャンスが少なくなるからかもしれません。

[旅程]
初日は東京です。ホテルのロビーに集合して、まずは六本木の展望台へ。東京の夜景を見せ、大体の土地勘を掴んでもらうよう勤めました。その後は、赤坂Ninja restaurantへ。KFがよく外国人の接待で使っていたので、今回も使わせて頂き、INSEADの学生にとってもウケた模様です。しかし、初日ということもあり、とにかく日本酒を飲む。焼酎も勧めてみましたが、あまり口に合わなかったようで。とにかく日本酒をテキーラのショットのように流し込んでいました。二次会はカラオケへ。カラオケにコスプレがあることに全員が驚き、想い想いのコスプレを着ながら深夜までカラオケが続きました。。。

2日目は京都へ移動しました。到着後すぐに京都の古い町屋でランチをいただき、金閣寺、竜安寺を見学しました。町屋では大変立派なお茶室、雛人形などを見せていただき、むしろ日本人のほうが感動してしまうような体験ができました。竜安寺の石庭はシンプル過ぎてうまく良さが伝わりきらなかったかもしれません。夜は京都旅行中だった同級生と合流して京料理のお店で夕食。ここでも長い夜が続きました。。。

次の日は、午前中に着物体験/和食料理体験をオプションで入れて、午後は三十三間堂と清水寺に行きました。着物体験では、ものすごく寒い部屋だった&お湯が使えなかったために苦労したようですが、結果的にはいい写真もたくさん撮れて好評でした。和食料理体験もここでしかできない体験でしたので喜んでもらえたようです。三十三間堂は1001体の仏像が見た目にインパクトがあり、かつ、仏教がインドや中国から影響を受けている部分も理解してもらいやすかったので良い観光スポットでした。一方、清水寺は残念ながら改修工事中だったため消化不良感は残りました。とはいえ、二年坂、三年坂では買い物も楽しんでもらえたので行った価値はありでした。夜はいったん日本食は休憩し、洋食を楽しみました。この日は飲み会も一休み。

4日目は、朝に伏見稲荷大社、昼に広島に移動して原爆ドーム、平和祈念資料館を見学しました。伏見稲荷大社の千本鳥居はさすがに圧巻で、誰が見てもわかりやすく、写真を撮るのに忙しくて時間が足りなくなってしまうほどでした。原爆ドーム、平和祈念資料館では、皆かなり真剣に展示品の説明を読んでいたのが印象的でした。夜は広島の海鮮と日本酒を楽しめるお店で夕食。日本酒を飲みまくり、ゲームで盛り上がり、かなり騒がしくしてお店に迷惑をかけたかもしれません。。。

翌日は宮島を訪問しました。厳島神社は満潮を狙って見学できたのが吉でした。小雨降る中でしたが、鹿と戯れ、海に浮かぶ鳥居をバックに記念撮影もできました。夕方にはINSEAD卒業生に紹介いただいた有馬温泉の宿に宿泊。部屋もお料理も素晴らしい宿にリーズナブルに宿泊させていただきました。温泉は濁っているタイプのお湯だったのが温泉初心者の皆様にも好評だったようです。茶色いお湯だったので、汚くないのか確認はされましたが。

有馬温泉から戻ってきた金曜日、昼に神戸牛ランチを楽しんだのちに東京へ。ニセコへ行っていた別のINSEADメンバーも合流して、有楽町のガード下の居酒屋へ。ここでもINSEADのパーティパワーを発揮し、周囲のテーブルの飲んでる人(日本人)を巻き込みながら盛大に盛り上がっていました。(結果、あるテーブルのサラリーマン二人を潰してしまいました、、、あまりにも盛り上がり飲みが進んだので)その後は六本木へ行きバーやクラブなどのナイトライフを紹介。付き合ったKFは深夜途中で帰りましたが、一部メンバーは朝までクラブで踊ったあと、その足で築地へお寿司を食べに行ったようです。恐ろしく体力があるのだなと感心しました。

[感想]
Japan trek参加者達と何日も一緒に過ごして、さらに仲良くなれたのが最大の収穫でした。飲み会の力は万国共通です。お座敷に座ってお酒を飲めば、日本人でなくても日本人同士のような飲み会になります。また、海外の方々から見ると日本のどんなことが興味深いのか知る機会が多かったのも収穫でした。例えば、神社とお寺の違いについてはみんなから質問を受けました。日本人が仏教と神道をどのように信仰しているのかをちゃんと説明できたかは疑問ですが。。。

あと、地味ですが、どんな日本食が喜ばれて、どんな日本食は不人気なのかについても学びがありました。まず、神戸牛の知名度・人気の高さに驚きました。有馬温泉のメインが牛だったにもかかわらず、翌日の昼もみんな神戸牛を食べたくてしょうがなかったらしく、神戸牛のレストランに行くことになりました。一方、不人気な日本食ですが、体がピクピク動いているような新鮮な魚のお造りはNG。残酷すぎたようです。また、頭も含めて丸ごとから揚げになっているような魚も同じ理由でNGみたいでした。たこわさとか赤貝とか、見た目がグロテスクな料理も不人気でしたが、自分が日本に生まれていなかったら食べるのを躊躇するかもしれませんよね。

また、ありきたりですが集合時間に対する考え方のDiversityも印象的でした。日本人もINSEADで生活しているとどんどん時間にルーズになるので、集合時間通りに集まるとは限らないのですが、個人差が大きいとはいえ、南米の方々は集合時間よりかなり遅れる傾向にありました。遅れてもなおコーヒーを買いに行こうとしたりするので、修学旅行的な時間通りの旅行は不可能でした。

とはいえ、時間の使い方はみんな効率的。移動中はほとんどみんな寝続ける。でも必要とあれば新幹線の中でも、飲み会の後でも宿題をやる。ただ、これも宿題を締め切り直前までやらないタイプがINSEADに多いことが理由かもしれませんが()

[謝辞]
最後になりましたが、本Japan trekをサポートいただきました企業・団体の皆様にこの場をお借りして感謝申し上げます。皆様のサポートにより、多くの同級生に日本をより深く楽しんでいただくことができました。誠にありがとうございました。