Thursday, April 6, 2017

卒業式、そしてP6の過ごし方

16DMTです。

卒業して早くも3ヵ月以上が経ちました。今更ですが最初で最後の投稿となります。INSEADでの1年間は、学業・パーティ・旅行・クラブ活動・就活イベントなど盛り沢山であっという間に過ぎてしまい、本当に夢を見ていたかのような気分です。

16Dの卒業式は、昨年1220日にシンガポールで、1221日にフランスで開催されました。卒業式の場所は、履修場所に関わらず自由に選べ、両方参加することも可能です。私は1年を通してフランスに滞在しましたが、卒業式はシンガポールを選びました。12月卒業の場合、シンガポール卒業の方が圧倒的に人数が多く、大規模な式典が催されるからです。また、卒業式前に大勢が参加する卒業旅行もアジアで開催されるので、シンガポールの方がアクセスが良いという理由もあります。(7月卒業はこの逆となります。) 16Dは、パートナー含めて400人超でタイのプーケットへ卒業旅行に行き、卒業式は初めてMarina Bay Sandsにて開催されました。日本人は8人全員がシンガポールでの卒業式に参加し、初めて全員が顔を揃えるという記念すべき日となりました。


Marina Bay Sandsの展望台で撮影したクラス写真です。その他、卒業式の模様は以下のサイトをご参照下さい。



さて、卒業してから就職するまでの期間をINSEAD生の間ではP6と呼んでいます。INSEADは5学期制なので、P1からP5までありますが、卒業後も旅行をしたり実家で過ごしたりと、引き続き学生気分で過ごす人が多いからです。もちろん、すぐに就職・職場復帰する人、就活を続ける人、はたまたインターンシップでP3を欠席した等の理由で本当に6学期目を受講する人もいますが、やはり束の間の自由な時間をエンジョイする人が多いようです。もはやP6を通り越してP7P8を楽しんでいるのではないか、、、というメンバーもいます。まぁ、一度就職してしまえば、またここまで自由な時間を取るのは難しいですからね。。

私も海外で就職となったので、ビザの申請期間を考慮して、3月から勤務開始ということで就職先と合意していました。実際はビザの申請がスムーズにいき、もっと早く勤務開始することもできたのですが、既にP6の予定はびっちり練っていたので、予定通り2カ月間のアジア旅行と帰省をエンジョイしました。その中でも、旧正月を中華系マレーシア人同級生の実家でお祝いしたことや、ルームメイトだったインド人同級生の超豪華な結婚式に参加したことは、一生の思い出となりました。やはり、様々な国に友人ができたということは、INSEADに来て一番良かったことです。3月からブラジルで勤務を開始しましたが、ここでもINSEADのネットワークに助けられています。

ということで、あっという間に過ぎたINSEADでの1年間。私にとっては、キャリアアップやスキルアップよりも、もっと広い意味で自分の人生を見つめ直す最良の機会となりました。キャリアや生き方は人それぞれであり、500人の同級生がいれば、500通りのキャリアと人生があります。一見すれば周囲が皆同じ方向に向いているようで、周りに流されて自分を見失いかけたこともありましたが、実際に話をすると人それぞれのバックグラウンドや思いがあることが分かりました。このように多種多様な人々と接し、様々な友人からサポートを受けて、私も自分の進みたい方向が少し見えたような気がしました。INSEADはそんな貴重な経験を与えてくれました。


昨今、FT誌のランキングで1位になったことや、BREXIT、トランプ政権の影響もあって、INSEADは私が受験した時よりはかなり競争率が上がっていると聞いております。ご興味がある方につきましては、心からご健闘をお祈り致します!