Wednesday, October 20, 2010

こんな就活もあり?

December 2010クラスのSHです。時の流れははやいものでP4が昨日で終わってしまいましたが、P4に入ってからのINSEADはそれまでとはがらりと変わってみんな一気に就職活動モードでした。「今日は面接が3個もある」「□□の二次面接に進めた!」「△△の結果はダメだった…」というような会話ばかり。INSEADでの就職活動については、数ヶ月前に筆不精さんが全体像をこのページで書いてくれていますが、P4/P5で落ち着いて勉強と就活に本腰を入れられるようにも?P4が始まるまでにやっておいて良かったと個人的に感じることをご紹介させて頂きたいと思います。

夏休みにインターンのために東京に帰っていた際、ヘッドハンターからメールが来たので面白半分で返信してみると、その日のうちにまずはヘッドハンターと面接をすることに…。自分のキャリアビジョンに合った仕事を色々と紹介してくれるというので、中でも自分の希望する会社(日本で仕事するならこの会社かな…と思う会社)を挙げてみたところ、わずか数時間のうちにその会社との面接を組んでくれるに至りました。インターンのスケジュールが立て込んでいたため、日程調整の面ではかなり無理を言いまくったのですが、ヘッドハンターの効力なのか、自分の希望する会社もかなり柔軟に対応してくれて、わずか一週間で一次面接から内々定に至ったケースもありました。

ちなみにヘッドハンターはなぜか皆さん外国人。外資系企業の外国人マネージャーとのコネも強そうな感じでかなり頼りがいがありました。私の本当の希望は日本で働くことではないのですが、"Plan B"として夏休み中に内定をいくつかもらえたことで、P4の間は恐いもの知らずで就活に挑むことができたように思います。夏はインターンだけでなく仕事探しもしてみるのはいかがでしょうか。(Julyクラスの方は冬休みが活用できそうですよね?)