Friday, April 27, 2012

INSEADのExecutive educationについて

こんにちは、12JのZealです。

INSEADMBAプログラムと言えば、このブログをご覧になっている方々は、まずはFull time MBA programのことを思い浮かべる方が多いかもしれませんが、実はINSEADは、Executive Programの普及にも大変力を入れています。Executive Programは毎週のように実施されており、様々な分野の名の知れた企業のExecutiveINSEADProgramを受講しています。例えば、Johnson & Johnson向けのプログラム、GoogleMarketing Academy、そして韓国の某エレクトロニクス企業のGlobal Marketing Execution programなどがINSEADで開講されていました。



INSEADDeanによると、INSEADの収益は、Full time MBA programよりもExecutive MBAの占める比重の方が大きいらしいです。Full Time MBA 20~30代の学生個人個人を相手に商売しているのに対し、Executive MBAは企業を相手に商売をしているからだとのこと。また、Full Time MBAは、将来のクライアントを確保するだけでなく、学校の競争力やブランド力を築く上で必要な先行投資という位置づけでもあるらしいです。
また、Executive MBAで教鞭を執る教授が、Full time MBAで講義を行うケースが多いので、教授もExecutive Programを通じて最新のビジネス情報やトレンドに精通し、それがFull timeの学生のTeachingにも反映されるというポジティブな循環が生まれているようにも感じます(もちろん、企業秘密や詳細は一切共有されません)。