Monday, April 6, 2015

Section Representativeについて

15D のHS @Fontainebleau Campusです。

Period 1が終わりPeriod 2が半分ほど終わりました。
今回は、学校生活に大きく影響を持つSection Representative(Section Rep)についてご紹介します。

Period 1 & 2 @Fontyは、300人が75人×4クラスに分かれ、この75人で全ての基礎科目(Core Courses)をみっちり受けます。

このクラスでの経験を更に濃厚にするのが、 Section Repです。Section Repには、Academic Rep、Social Rep、Career Rep、IT Repと4種類の役職があります。
• Academic Rep (2人): 授業、チュートリアル(補講)、課題、テスト等のア勉強面でのサポート役。私のSectionでは、ミクロ経済学の先生に対する文句が多く、Academic RepがSection内でアンケートを取り、先生に対してフィードバックを実施しました。その結果、追加補講を実施する、プレゼンテーション資料を改善するなど大幅に授業が良くなりました。
• Social Rep(2人):INSEADでの様々な課外活動全般、および、楽しいこと全般の企画・推進役。毎年恒例のDASH(仮装して通学する日)、International Week(ご存知の通り)、Robin Hood Campaign(奨学金のファンドレイジング企画)、Summer Ball(フォンテーヌブロー城を貸し切って開催する華やかなパーティー)等に加えてSection別のイベントの企画・運営をやります。
• Career Rep(2人):就職活動のサポートを担当する役。情報発信やキャリアオフィスとの橋渡しが主な仕事。
• IT Rep(1人):授業中にIT面で困ったことがある場合、クラスでイベント実施等にIT面でのサポートが必要な場合に作業うを担当する役。(個人的には何故あるのか分かりません。。)

Rep選出は、Section内の投票で決まります。また、Repに選ばれることによって、Student Councilへの出馬権も得られます。各Repとしての活躍ぶりを拝見された上で、Student Council出馬後に投票してもらう形ですね。

学生生活を充実させる方法がたくさんありますが、私は一つの手段としてSocial Repをやりました。
メリットとデメリットがあったかと思っています。メリットは、思いっきりネットワークが広がったことです。同じ15Dに限らず、15Jでの顔が広くなったことでアカデミック面、リルーティング面で活用できるコネクションがたくさんできたように思います。
逆にデメリットは、とてつもなく忙しい(主観ですが、全Repの中で一番忙しいです)ことです。1年間のMBAですので、なんていったってスケジュールはパンパンです。授業や就活との両立をマネージすることが非常に大変ですが、優先順位を決める+マルチタスキングをする良い練習になりました。